2007年07月28日

36 武庫川渓谷を下る(武庫川1)

水位:0.20m(道場)0.75m(生瀬) 気温:32℃(三田) 天気:晴れ時々曇り一時雨
区間:武田尾温泉橋〜名塩の水道管橋(5.0km) メンバー:tomoさん、AZMAX


 武庫川は兵庫県篠山市真南条地区を水源として南流し、大阪湾に注ぐ流路延長65.7km,流域面積499.9km2の二級河川です。
 三田盆地を抜けるとそれまでの里川風景が一変し、宝塚で大阪平野に出るまでの区間、武庫川渓谷(武田尾渓谷)と呼ばれる先行谷を形成してします。この武庫川渓谷にはダム(武庫川ダム)建設計画があり、現在も検討は続けられています。
 なお、この区間(JR福知山線生瀬駅〜武田尾駅)には旧福知山線の廃線跡が残っており、渓谷美と手付かずの自然を気軽に楽しめるハイキングコースとして数多くの人に親しまれています。




powered by 地図Z


 宝塚IC近くのコンビニで『日本の川地図101』のコピーを取る。
 折り畳んで防水パックに詰め込み、パック越しでもちゃんと読めるかどうか確認。
 しかし、こうやって地図持って下るのって久しぶりだなあ。初めての川を下るときはいつもドキドキ気分ですが、今日はいつにもまして感じます。


 尼崎の我が家から10分も歩けば武庫川の河川敷に出ます。
 両岸には大きな河川敷公園が広がり、その中に武庫川が幅一杯に浅く広がって、ところどころ中州を作り、穏やかに流れています。

 いかにも都会を流れる川、という印象なのですが、実はこの武庫川、『日本の川地図101』によれば、三田から宝塚までの中流域は、この穏やかな姿から想像もつかないほどの渓谷となっていて、その急流区間をカヌーで下ることができるらしい。

 初めて知ったのは社会人2年生の頃かな。その時から、いつか漕ぎたいなあと思いつつ、なかなか機会に恵まれませんでした。

 理由としては、まずダウンリバーの情報がほとんどないことで、上記の書籍から得られる16年前の情報以外、確認できなかったことが一つあります。川沿いに走る廃線がハイキングコースとして有名で、そちらの情報がふんだんにあるのと比べると対照的です。
 ちなみに現在のJR福知山線の三田〜宝塚間はほとんどトンネルとなっていて、電車ではほとんど下見ができません。

 そして『日本の川地図101』では「大きな瀬が相次いで現れ、ほとんどの瀬は直前に行くまで瀬尻が見えない。2mの滝、4mの滝、3mの滝と通過し…、岩の間に流れが潜り込んでしまうところもあり、下見が必要」といった記載があります。

 近所の川を見ていると、すぐ上流にこんなセクションがあるなんて、俄には信じがたい内容です。
 「4mの滝」って…。しかもシーブありって、危なすぎるやん!

 また都市部を流れる川なのであまり水がキレイでないというのも大きな理由でした。
 上流部の三田市内を流れている時点でちょっと、泳ぎたくないなあと思ってしまうのでモチベーションが上がらなかったこと、そして典型的な「都会の川」、つまり流域が住宅地やらゴルフ場やら開発されまくっていて山の保水力が低く、雨が降ると一気に川に流れ込んで水量が増加するため、ただでさえ難所なのに危険度が高すぎます。

 しかし、メンバーさえ恵まれれば、天候、水量のタイミングを見計らって一度は漕ぎたいなあとかねてから思っており、そして今日、ようやくこの日を迎えることができたわけです。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 22:49| Comment(5) | TrackBack(1) | 近畿>武庫川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

35 アベベモンチョリス(長良川5)【作成中】

水位:0.53m(稲成) 気温:28℃(八幡) 天気:晴れ時々曇り
区間:ふれあい広場〜勝原橋(5.9km)
メンバー:tomoさん、会長夫妻、花鳥、AZMAX,オギー、フジさん、コニー、UNKO-MANカップル、後輩1号

 いやあ、昨夜は久々に大笑いしました。
 最近、パソコンのしすぎのためかドライアイ気味で痛いし疲れがひどかったのですが、涙流すまで笑ったおかげで一気に潤いを取り戻しました。

070722nagara02.jpg

070722nagara06.jpg

070722nagara11.jpg

★作成中
ニックネーム ラナ父 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

34 NKC総会〜Don't take it easy about river〜(長良川4)

水位:0.57m(稲成) 気温:23℃(八幡) 天気:雨
区間:講和橋〜ふれあい広場(3.8km)
メンバー:tomoさん、会長夫妻、花鳥、AZMAX,オギー、フジさん、ブル、コニー、UNKO-MANカップル、後輩1号


 「川をなめるな!」
 という会長の言葉で始まったNKC(長良川カヤッククラブ)の総会。

 会うたびに言っている気もしますが、今日はいつもと事情が違うみたいで、先週台風4号で大増水した濁流を流されて痛い目に遭ったためらしい。

  NKCは閉鎖的とか放置プレイとかいろいろ言われてますが、いざ蓋を開けるとなんと総勢13人も集まりました。
 NKCメンバーが6名(6艇)と、ダッキー隊が7名(5艇)ですが、いつもはダッキーのUNKO-MANとアズマックスがカヤックで下るので、カヤック8艇、ダッキー3艇というカヤック主体の編成となります。
 リンクスUアクアにはチーム「サドんです」こと会長嫁さんと後輩1号とラナ、リンクスUイエローにはtomoさんとUNKO-MANの彼女が乗り、私は一人サファリに乗りこみました。

070721nagara20.jpg

 マックスは経験浅く、流水でのロールはまだ不安定。しょっぱなの三段の瀬は、増水の影響で大きなウェーブ&ホールができてます。
 なもんで、チキンルートの左岸に寄って下れと事前に言っておいたにもかかわらず、メインカレントに直行していく姿が…。

 やっぱり沈して流されていきました。
 一緒に下っていたコニーたちがレスキューに向かう。

 大丈夫かなあと思っていた矢先、今度は目の前の「サドんです」がフリップ!

 メインカレントをあっという間に流されていった会長嫁さんは先で待つ会長らに託し、私はリンクスと後輩1号のレスキューのため、チキンルートからメインカレントにルート変更。ラナは少し下流のエディーを独力で取ったのを確認。必死になって上がろうとしていたのですが、もう少しその場で頑張ってもらうことにしました。

 右岸の岩に乗り上げているリンクスと後輩1号のところに向かう途中で、今度は後続のtomoさんらがフリップ!
 UNKO-MANの彼女が会長嫁さんと同じようにあっという間に流されていく…。
 早くも大惨事の相を呈しています。

tomoさんはフネを掴み、リカバリーを試みていたのでお任せし、最初の予定通り右岸側のリンクスがブローチングしている岩に向かう。
 サファリに乗りながらリンクスを掴んで剥がそうとしていると、うっかり夢中になりすぎてサファリに水をどばどば入れてしまって、たまらずフリップ。リンクスの下敷きになってしまいました。

 ああ、もう、最悪。

 頭が水面に出るやいなや急いで右岸に向かい、近くを流れるリンクスを掴んで手繰り寄せる。
 リンクスに飛び乗り、近くまで来ていたラナを引き上げ、漂うサファリを捕まえ、後輩1号を迎えに行き、とりあえずリカバリ終了。

 tomoさんはちゃんとセルフレスキューできていて、一度は合流できましたが、流されていったUNKO-MANの彼女を追いかけて三ノ瀬を下ろうとした瞬間、入り口でまたもやフリップして流されていってしまいました。
 しかしまあ、あの人は放っといても大丈夫でしょう。

 上流でまだもたついているマックスが気になっていたので、後輩1号さとラナをリンクスに乗せ、tomoさんと同じルートを通らないようルートを指示。左岸から回り込むように下らせ、無事通過したのを見届けてから今か今かと待つ。

 そのマックスはサポートについていたコニーたちに助けられ、ようやく再出発。
 ストリームインした瞬間、上流を食われて沈。あららら…。
 そのまま三ノ瀬も身一つで流されていってしまいました。

 これで会長嫁さん、UNKO-MAN彼女、tomoさん、アズマックスの4名がこの瀬を泳いで下ったことになります。
 tomoさん、アズマックスはともかく、初心者のUNKO-MAN彼女と先週流されて怖い思いをした会長嫁さんを流すのはまずかった。

 「川をなめるな!」と言われても、みんなどこか他人事のように思っていたんでしょうね。初めて下る川ならいざ知らず、下り慣れたこの川で流されるわけがない、と。
 「見えないところに核心部」と同じくらい重要な法則「川をなめると必ず痛い目に遭う」という言葉を今更ながらに思い知らされました。


 さて、三段の瀬を流され、すっかりカヤック恐怖症になったマックスは動きが硬くなってしまい、その後しばらくはチキンルートを一緒に下りました。増水するとヤバい箇所も発生しますが、ルートを選べばうまく避けられるのです。

 ルートはどうあれ、下って成功体験を重ねることができれば自信も戻るハズ。
 スケボーの瀬も、その下のリョウヅキの瀬も逃げまくって下れたかと思いきや、エディーキャッチ時にスターンを食われて沈。
 マックス、今度は落ち着いてロールを試みる。

 …失敗。

 諦めずにもう一回チャレンジ。

 今度は…、成功!!

 しかも流水でのロールです。起き上がった瞬間の笑顔が忘れられません。
 我が事のように嬉しかったです。
 応援中のサドんですも大喜びでした。

 「チームサドんですはアズマックスを応援しています」

 なにげにフジさんもスケボーから延々流されていたらしいですが、この頃からみなリラックスして楽しく下ることができました。

 ちなみにUNKO-MANですが、カヤック始めた時期はマックスと同じくらいだったはずなんですが、まったく心配いりませんでした。
 こいつセンスあるなあ。

070721nagara11.jpg

 マックスはその後も慎重にルートを選び、カヤックでちゃんと下りきりました。おめでとう。

070721nagara17.jpg

 tomoさんは今日も飛び込んで泳いでます。メイがいないのでラナが餌食となっています。可哀想に…。

070721nagara24.jpg

 NKC会長と足蹴の王子こと花鳥。
 この日の夜はこの方の独壇場でした。

070721nagara26.jpg
ニックネーム ラナ父 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 中部>長良川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

33 台風一過(奈良吉野川13)

水位:2.37m(五條) 気温:28℃(五條) 天気:晴れ時々曇り
区間:梁瀬橋〜栄山寺(9.6km) メンバー:AZMAX,女優R,後輩1号


 台風一過のナラヨシをいつものメンバーで下りました。
 水位2mオーバーはおそらく初めての経験です。久々のビッグウォーターで、しかもサファリで下ったものですから結構ドキドキでした。

070716narayoshi11.jpg

 サファリだと写真を撮るのも結構至難の業となります。
 カメラに集中しすぎると流れに食われてグラッときますし、フネのバランス重視だとピンボケばかりになってしまい、バランスが難しい。

070716narayoshi17.jpg

 カルディアの川原も泥水に覆われてしまい、随分と小さくなっていました。

070716narayoshi19.jpg

 ヒヤッとする瀬は後半のほうが多かったような印象があります。
 天理教の瀬、それからすぐ下流の二又になった瀬は左岸ルートの最後に大きなストッパーができていました。あとはアヒル手前の家畜臭い瀬とアヒルの瀬のラストくらいかな。

070716narayoshi29.jpg

 所要時間はなんと1時間ちょっと。ふだんの3〜4倍のスピードですね。あっという間の快速ダウンリバーでした。

070716narayoshi43.jpg

 短い時間でしたが、たくさん泳いだおかげでラナはそれなりにお疲れのようでした。

070716narayoshi44.jpg

 今日はサファリで下ってちょうど沈するかしないかギリギリのラインの瀬が多くて、結構楽しめました。

 こういうとき、時々考えることがあるんですが、パドリングがうまくなるほうがいいのか、始めたばかりの頃のヘタクソなままでもいいのか、どっちが「楽しい」のでしょう。

 どちらかと問われれば、私は前者を選びます。
 マイペースで傾きは緩やかであってもスキルは常に磨いていたい。

 日本全国津々浦々の川を下ってみたいというのが根底にあって、息つく間もない緊張の連続の激流、心躍る瀬と心癒される瀞場が交互に現れる急流から、深くどこまでも見透かせる淵を持つ穏やかな清流まで、スキルが高ければ、安全に下れる川の幅が広がり、それだけ新しい川との出会いを増やせるというのが理由です。

 しかしその一方で、いつ沈しまいかと芝崎の瀬でヒヤヒヤしていた時分が懐かしい。学生時代に初めて一人旅した四万十川上流なんて、一生忘れられないくらいに強く印象に残っています。

 今、ナラヨシ下ってドキドキするなんて、こんな増水した日でもなければありません。そしてそういう日に恵まれるのは年に数えるほどしかありません。

 「楽しい」は主観の問題なので、答えと呼べるものはないかもしれませんが、それでもふと考えてしまったりするのでした。

ニックネーム ラナ父 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>奈良吉野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

32 唐戸の渓谷チャレンジ!のはずが…(美山川5)

水位:0.97m(田歌) 気温:23℃(美山) 天気:雨
区間:芦生RP〜自然文化村(10.7km),美山ふれあい広場〜大丸堰堤(3.3km)
メンバー:tomoさん


 この時期にしては珍しく台風が襲来。
 この台風4号ことマンニィの影響で近畿地方も軒並み増水です。

 ちなみにこの台風、以下の通りかなり特色が強かったようです。
 ・梅雨前線と一緒になって各地に記録的豪雨をもたらす
 ・7月としては統計上「最強」(945hp)
 ・「7月台風」としては異例のルート(9月に多いコース)
 ・あの大災害をもたらした05年のトカゲ台風14号と同じクラス

 九州地方を中心に、各地に深刻な被害を及ぼしたようですが、
 ・貯水率23.4%まで落ち込んでいた早明浦ダムが一気に100%に回復
 ・琵琶湖の水位が-17cmから-1cmまで回復
 など、懸念されていた渇水問題については一応の解決を見たようです。

 いずれにせよ、この台風のおかげでどこが下れるのかまったく検討がつかない状態となってしまいました。
 今週末はいつものメンバーで北山川でも行こうと考えていたのですが、あえなく中止。

 しかしそんな中、比較的増水の影響の少ない北近畿地方の川、美山川か安曇川、上林川もしくは土師川あたりなら上手くいけば下れるんじゃあないかと一人クルマを走らせました。

 途中で見かけた武庫川と篠山川はすごいことになってました。
 2mほどあったハズの堰堤が小さな落ち込みとなっていたり、田んぼを流れるせせらぎのような水路は唸りを上げる急流と化していました。カーナビに表示される青い線が近づくたび、気になってしょうがありません。
 こりゃ、行くだけムダかな…、と半分諦めていましたが、山越えして綾部に入ると雨は小降りになり、雲も薄い。

 あらかじめ候補を上げていた川のうち、一番行きたかったのは美山川上流部「唐戸の渓谷」セクションでした。
 北桑十景にも数えられる景勝地でもあります。支流の佐々里川源流部に当たる八丁川付近は探検部時代に何度か登山で訪れたこともあり、かねてよりこの一帯に足を踏み入れたい気持ちはあったのですが、平水では水量不足で下れないのと、フィールド情報がほとんどないという理由で今まで縁がありませんでした。
 今日にしてようやく機会を得ることができたわけです。

 水は濁ってはいましたが、武庫川や篠山川みたいなまっ茶色の濁流というほどではありません。車道沿いにコースやエスケイプルートを確認して、これだと何とか行けそうだと判断し、チャレンジすることにしました。

 今日のメンバーはtomoさん一人。
 プットインとアウトは例によって事前にtomoさんが確認してくれていたおかげでスムーズに決まりました(この人、週末はいつも一緒に下っているのに、いつ下見してるんだろう…)。

 今回のコースは以下の通りです。

 ◆美山川・唐戸の渓谷コース



powered by 地図Z


続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 近畿>由良川(美山川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

【番外編】ラナ、ふたたび雑誌に載る

 先月の「RETRIEVER【レトリーバー】」に引き続き、「FENEK(フェネック)」というクルマとアウトドアの雑誌にラナを載せてもらいました!

 【参考】
 http://www.bestcar-fenek.jp/

 昔、tetsuさんと万水川を下ったときの記事が(若干手を加えられてますが)紹介されています。
 ヒマがあったら本屋さんで覘いてみてください…。


 「RETRIEVER【レトリーバー】」は先月14日発売でしたが、大きな書店ならまだ置いてあります。こっちはプロの編集者&写真家がわざわざ取材に来てくれて、6ページも使って特集を組んでいただいてます。

 【参考】
 http://www.retriever-e.com/home.html

 雑誌の写真を載せようかと思いましたが、著作権を考えて止めておきます。

 写真といえば、昨日KYOKOさんに結婚祝いでいただいた傘立てが結構素敵だったので思わず撮りました。

 これまで傘立てを持っていなくて、下駄箱の扉に引っ掛けていたもんで、多少見苦しかったのですが、おかげでとってもスッキリしました。
 ありがとうございました☆

070708kanbayashi51.jpg
 
ニックネーム ラナ父 at 00:14| Comment(10) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

31-1 上林川、みたび(上林川2)

水位:0.17m(八津合) 気温:28℃(福知山) 天気:曇り時々晴れ
区間:照用橋〜由良川出合い(3.5km)〜笠原神社(9.1km)
メンバー:tomoさん、KYOKOさん、AZMAX,後輩1号


 10時ジャストに山陰線山家駅に到着。
 KYOKOさん、マックスともに車中で寝ています。マックスと一緒に来ているはずのジョンの姿が見当たらないなあと思ったら、駅の改札でひとり佇んでいました。
 彼、こんな姿がなんだか妙に似合ってます。

 みんな揃ったのでtomoさんの待つプットインへ出発しようとすると、ジョン曰く、
 「僕、帰ります」
 と。

 「はあ?」
 「彼女の体調が悪いんですよ」
 「そう…」

 滋賀県に住むジョンは自家用車を持たず、マックス実家の最寄駅で拾ってもらってここまでやってきたんですが、これから電車で彼女のところ(大阪南部)に向かうという。

 「なんで最初っから彼女のところに行かへんの?」

 みんなそう突っ込みましたが、それはともかく、この地までやって来ながら帰るという行為に若さと想いの強さを感じ、敬意を表して黙って見送ることとしました。

 ちなみに私なら川を下り終えてから向かいますね。
 …というのは冗談で、当然いの一番に嫁さんのところに向かいます。はい。

 話を戻して、プットイン地点に向かうとtomoさんはすでに支度中。
 上林川は今日で5週連続、6回目とのことです。さすがにもう飽きましたよねと聞きましたが、いざ下るとやっぱり面白いとのこと。

 期待していた雨がまったく降らず、むしろ晴れてしまい、水量が予想以上に減ってしまったので行くべきかどうかギリギリまで迷ってましたが、やっぱり来てよかったです。

 今日はKYOKOさんも一緒でした。お会いするのは丹生川玉川峡歩いて以来、下るのは飛水峡以来です。
 聞けば下った川の総数はもう80を越えてました。すげえとこいっぱい行ってますもんね。お会いしたばかりの頃は私のほうが多かったのになあ。

070708kanbayashi11.jpg

 川は先週より少しだけ透明度が上がっていました。
 クランクの瀬を過ぎると緑の天井と岩壁に囲まれた空間が現れます。
 川下りやってて良かったなあとしみじみと思える瞬間。

070708kanbayashi17.jpg

 ここからずっと快適な瀬が続きます。
 水量が心配だったのですが、まあ問題なく下れました。
 ちなみにラナはフネに乗らずずっと川を泳いでいたので、瀬の入り口で心配になったマックスが拾いに行こうとしましたが、スタックしてしまいました。
 こういうとき、ラナは知らん顔してます。

070708kanbayashi25.jpg

 天性のエンターテイナー・アズマックスは今日も健在。
 カメラの前で豪快に飛び込んでくれました。
 が、沈みすぎててよく分かりません。

 何はともあれ、彼がいると周囲がとても明るい雰囲気になります。貴重なキャラですよね。

070708kanbayashi28.jpg

 沈下橋では秘技「スパイダーマン」も披露してくれました。
 写真はその直下の公園通りの瀬。

070708kanbayashi29.jpg

 和気藹々。
 今日はそんな言葉が最も相応しかったですね。


ニックネーム ラナ父 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 近畿>上林川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

31-2 上林川の続き(由良川4)

水位:0.89m(綾部) 気温:28℃(福知山) 天気:曇り時々晴れ
区間:照用橋〜由良川出合い(3.5km)〜笠原神社(9.1km)
メンバー:tomoさん、KYOKOさん、AZMAX,後輩1号


 由良川は先週と同じくらいの水量でした。漕がなくてもどんどん流されていきます。楽でいいなあ。
 もう少し落差があると最高なんですが、サファリなら充分に楽しめます。

070708kanbayashi33.jpg

 tomoさんはなぜか川に飛び込んでメイと一緒に泳いでましたが、やがて飽きたのか、
 「サファリに乗せてもらえませんか?」と。

 ということで、交代。私はリンクスに。
 サファリに乗ったtomoさん、面白いようにコケてました。でもとっても楽しそう。
 この方もジョンばりに若いですなあ…。

070708kanbayashi37.jpg

 ついには瀬の手前で撃沈。かろうじて浮力の高いリンクスに捕まれましたが、そのままの体勢で突っ込んでました。5週連続同じ川といえども、スリル満点だったかと思います。

070708kanbayashi42.jpg

 一方、とばっちりを受けたのはメイで、tomoさんは乗せる余裕がなく、かといって他の人のフネには乗りたがらず、ずっと泳いでました。
 最後は寒さで足をガタガタさせ、一目見て分かるくらいにしょぼくれた目をしてました。
 お前、毎週限界までチャレンジしてるなあ。

070708kanbayashi46.jpg

 下り終え、ケータイを確認するとジョンからメールが届いてました。
 結局、彼女のところには行かなかったらしい。
 「純喫茶で読書にふけてやる」そうです。
 
 なんのこっちゃ。

 でも「純喫茶」って、結構渋いな。

ニックネーム ラナ父 at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿>由良川(美山川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

30 決定的な1%(保津川1)【作成中】

水位:0.44m(保津峡) 気温:27℃(京都) 天気:曇り時々雨
区間:馬堀〜保津峡(5.7km)
メンバー:UNKO-MANカップル、AZMAX,女優R,ジョン、後輩1号

070701hodzu03.jpg

070701hodzu07.jpg

070701hodzu12.jpg

070701hodzu12.jpg

070701hodzu18.jpg

070701hodzu19.jpg

070701hodzu23.jpg

★作成中
ニックネーム ラナ父 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>保津川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする