2007年09月29日

【番外編】東京転勤!

 恐れていたこの日がついにやってきました。

 10月1日付で、東京に転勤することになりました。

 前々からある程度覚悟はしていましたが、これまでご一緒させてもらった人たちともう漕げなくなるのかあと思うとやはり寂しい気持ちになります。

 ここ最近考えていたことだと、KROさんと熊野川ツーリングも行けなくなるし、KYOKOさんと高見川、黒滝川、紀伊丹生川も漕げなくなるのかあ…。武庫川や篠山川ももう一回、行きたかったなあ。

 関西って近くになかなかいい川がないなあと思ってましたが、いざこの地を離れるとなると、岐阜や四国、紀伊半島にアクセスしやすい、そして関東に比べて渋滞の少ない、結構恵まれた土地であることを再認識するようになりました。
 失って初めて分かることですね。

 後輩1号さんは仕事があるので、新婚早々単身赴任となりますが、幸いなことには、およそ半年以内には再び二人と一匹で暮らすことができそうです。後輩1号さんの勤務先が配慮して首都圏に転勤させてくれるらしいので。

 さて、今日はこれから新幹線で東京行って、家探しです。
 現在の尼崎のマンション借りるときも苦労したんですが、ペット可の賃貸マンションってもともと少ない上、ゴールデンレトリーバーのような大型犬となるとさらに1/3以下に絞り込まれ、最寄り駅が不便とか、駅から徒歩20分とか、条件の良い物件が少ないんですよね(ネコはさらに大変らしいです)。

 それに加えて首都圏はまったく土地カンがないので非常に苦労してますが、予算内で大型犬可の物件の選択肢が多く、通勤時間が短く、高速ICへのアクセスがしやすく、という条件で探し続けて、結果、神奈川県川崎市多摩区あたりを候補地に挙げています。

 引っ越して少し落ち着いたら川下りを再開します。そしたらまたどこかでお会いすることがあるかもしれません。長良川には意外と頻繁に遠征してたりして。ゴールデンレトリーバーの乗ったダッキーを見かけたらぜひお声がけください。

 最後になりましたが、今まで川下りをご一緒させていただいた方々、ラナ共々本当にお世話になりました。ラナとダッキーに乗り始めて約4年半になりますが、おかげで一生忘れることのできない、楽しく、充実した週末を過ごすことができました。

 直接お会いしてお礼を申し上げたいところなのですが、まこと失礼ながらこの場をもって代えさせていただきます。

 本当に、ありがとうございました。

ニックネーム ラナ父 at 10:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

47 第9回北山川ラフティング大会(北山川2)【作成中】

水位:?m(小森ダム18t?) 気温:27℃(上北山)
天気:晴れ 区間:音乗〜小松(5.1km)
メンバー:会長夫妻、tomoさん、花鳥、AZMAX,後輩1号、コニー、くらもっち

 NKC演舞!

070923kitayama20.jpg

070923kitayama23.jpg

070923kitayama39.jpg

070923kitayama46.jpg

070923kitayama51.jpg

070923kitayama57.jpg

070923kitayama63.jpg

070923kitayama70.jpg

070923kitayama93.jpg

070923kitayama113.jpg

070923kitayama115.jpg

070923kitayama119.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿>北山川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

46 伝説の「沈虎」復活(北山川1)【作成中】

水位:?m(小森ダム18t?) 気温:29℃(上北山)
天気:晴れ 区間:音乗〜小松(5.1km)
メンバー:会長夫妻、tomoさん、AZMAX,後輩1号、コニー、くらもっち

070922kitayama05a.jpg

070922kitayama28.jpg

070922kitayama39.jpg

 ローリパリ! ローリパリ!

 …ってなんだそれ?

070922kitayama113.jpg

★作成中
ニックネーム ラナ父 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>北山川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

【番外編】北アルプス/奥穂高岳

日程:9/15〜9/17 メンバー:後輩1号、義理父母 コース:地図参照


拡大地図を表示

 残念ながら、今回ラナは実家でお留守番です…。

◆9/15
上高地(1:00)〜明神(1:00)〜徳沢(1:10)〜横尾(1:00)〜本谷橋(2:00)〜涸沢 (total6:10)

 河童橋を流れる梓川。何度か雑誌で目にしたことがありましたが、訪れるのは初めてです。この水量の多さでこの水質の良さはそうそうお目にかかれるものではありません。

070915okuho04.jpg

 梓川左岸から眺めた明神岳。

070915okuho07.jpg

 梓川。清冽という言葉はこの川にこそ相応しいです。
 この辺、結構人多いです。それにもかかわらずこれだけの自然が維持されているということに何度も驚かされました。
 時々見えないところはありませんが、横尾から上高地の区間はザラ瀬の連続で快適に下れそうです(ログがところどころ入っているので細心の注意は必要です)。
 上高地から徳沢か横尾までの区間、往路はカヌーをキャリーで転がしつつトレッキング、復路は荷物を積み込んでカヌーツーリングというコースを一度やってみたいなあと思いました。

070915okuho12.jpg

 梓川の支流、横尾谷に沿って涸沢に向かいました。写真は横尾谷から眺めた「屏風の耳」?

070915okuho17.jpg

 本谷橋を渡り、横尾谷右岸へ。この辺になると水量がだいぶ少なくなってきて写真みたいな感じですが、下のほうは下れる水量があると思います。山道からはほとんど見えないのですが、垣間見た限りではバリバリのクリークですので私では多分死にます。

070915okuho21.jpg

 最後にちょっときつめの傾斜を登って涸沢ヒュッテに到着。ちなみに「ヒュッテ」とは山小屋の意味らしい。この日はテントで宿泊。

070915okuho22.jpg

 こっちが涸沢ヒュッテです。岩の要塞みたい。トルコ語でいうと「ヒサル」ですね。

070915okuho23.jpg

◆9/16
涸沢(2:30)〜穂高岳山荘(0:50)〜奥穂高岳(0:30)〜穂高岳山荘(1:30)〜涸沢(2:00)〜本谷橋(1:00)〜横尾 (total8:20)

 4時半起床で6時発。涸沢ヒュッテからパノラマコースを通って穂高山荘を目指します。

070916okuho01.jpg

 ちょうど真ん中の窪みに見えるのが穂高山荘。見えているんだけど、遠い…。

070916okuho03.jpg

 北方には北穂高を望むことができます。穂高山荘から尾根沿いに歩けるらしいですが、結構しんどいのと危険なのとで今回はパス。

070916okuho05.jpg

 頂上がだんだんガスってきました…。
 やっとの思いで穂高山荘に着くと、迎えてくれたのは冷たい強風。一気に体温が奪われ、寒くなってきたので山荘で休憩後、奥穂高山頂に向かいましたが、吹き荒ぶ風雨と立ち込めるガスとで何も見えませんでした…。

070916okuho06.jpg

 ザイテングラード(支稜線)を下りてくると再びガスが減ってきました。

070916okuho13.jpg

070916okuho15.jpg

070916okuho16.jpg

◆9/17
横尾(1:10)〜徳沢(1:00)〜明神(1:00)〜上高地 (total3:10)


★作成中…

ニックネーム ラナ父 at 22:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

45 第11回天竜川WWF/ファンスラローム(天竜川2)

水位:-0.53m(市田) -3.70m(時又) 3.24m(天竜峡) 気温:28℃(飯田)
天気:晴れ 区間:阿島橋〜かわらんBAY(10.8km)
メンバー:会長夫妻、tomoさん、AZMAX,後輩1号、女優R,野人

 今日のファンスラロームは会場の阿島橋からスタート。ゴールは昨日と同様かわらんべの約11kmです。


拡大地図を表示

 昨日のダメージで両腕の筋が張り、握力が明らかに落ちていますが、20kmも漕いだおかげで「シャレコウベ」で漕ぐ感覚をだいぶ取り戻した感がありまして、調子は良いです。

070909TWWF01.jpg

 しかし不安材料が一点。
 先週に不死鳥のごとく蘇ったパドルですが、一日目終了後、割れ目に沿ってうっすらとスジが浮かび上がっていました。
 「ねじれ」に弱いかなあという不安が的中し、割れ目に沿ってガラスクロスがほつれ、僅かながらもグラグラと動くようになってしまいました。

 まずいなあ、もつかなあと不安でしたが、心のどこかで大丈夫だろうと思い、対策を打たずに本日を迎えてしまいました。

 本格的にヤバいと思ったのはスタート直前。パドルを川底に当てた際に
バキッという乾いた音が響いたときです。
 ひょっとして、接ぎ木に使った桂の棒が割れた?

 とはいえ、今さらどうしようもない。
 折れたらシングルで漕ごうと割り切るしかないなと。

 ◆@スローロープ
 練習では決めまくりですが本番にめっきり弱いと噂される会長。
 過去2年連続で外しており、「三度目の正直」なるか?
 はたまた「二度あることは三度ある」になるか?
 去年、見事に命中させたアズマックスと打ち合わせです。

070909TWWF04.jpg

 いよよ運命の投擲。

 バン!という乾いた音。

 見事ストライク!
 やりました!

070909TWWF02.jpg

 幸先のよいスタートが切れました。

 昨日より水位はさらに下がっていますが、基本的には同じルートを辿って進めるので昨日より圧倒的に気が楽です。

 弁天橋に到着。
 我々にとって最大の難関、Aロープ登りです。

 ◆Aロープ登り&Bアップゲート
 ロープには昨日何とか攀じ登れましたが、そのダメージで握力が低下、かつ本番という緊張感あふれる状況で果たして成功するのかと思うと結構なプレッシャーを感じます。
 ここでミスすると120Pのペナルティ。すなわち、二位の「あけぼのタイフーン」への昨日のアドバンテージ120秒が一気に消滅してしまうのです。

 残りの体力を考えると、チャンスは一回きり。
 「1200万パワースクリュードライバー」をかけるならここです。
 少しでも距離を稼ぐため、会長の肩を踏台にして高さを稼いでからロープを掴む。

 残念ながら光の矢のようにとはいかず、昨日と同じ感じでゆっくりとですが、登れました。運動神経があまりよいほうではないので不器用極まりないですが、何とか目印まで攀じ登る。
 登りつめた瞬間、握力が切れてズルっと落ちてしまい、会長の上にズシンと落下。すいません…。

 しかし成功は成功。体勢を立て直し、対岸へフェリーグライド。そのまま左岸の3番ゲートをアップで通過。
 フェリーの際、弁天橋の橋桁を横切るのですが、この橋桁が台風の影響でまた流木やらゴミやらが大量に引っかかっていて巨大なストレーナになってたもんで、両腕の力を使い果たし、痺れて感覚のない状態では相当怖かったです。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 中部>天竜川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

44 第11回天竜川WWF/ダウンリバー(天竜川1)

水位:-0.43m(市田) -3.38m(時又) 3.77m(天竜峡) 気温:30℃(飯田)
天気:晴れ 区間:台城橋〜かわらんBAY(19.2km)
メンバー:会長夫妻、tomoさん、AZMAX,後輩1号、女優R,野人


 次第に夕暮れが早くなり、虫の音が濃くなってきた9月。9月といえば、いよいよ北山、天竜、長良の大会シーズンです!

 通常第一日曜日に開催される北山川ラフティング大会が第三日曜日に変更になったため、今年第一弾は天竜川ホワイトウォーターフェスティバル(TWWF)になります。
 この大会、とにかく漕ぐ距離が長い! とくに去年は第10回記念という名目で20kmというハーフマラソンばりの距離を漕がされました。

 ほとんど経験のない距離でありコースです。ペース配分にルート選択、遊船回避に神経をすり減らし、腰痛再発するわ、相方の会長に至っては足が攣って土嚢と化すわで心身共にボロボロにされました。
 これっきりで勘弁してくれという願いも空しく、第11回も20kmコースでした。合掌。

 TWWF参加は今年で4回目、長良川カヤッククラブことNKC会長とのコンビ「シャレコウベ」で漕ぐのは3回目です。
 ちなみに過去の戦績は以下の通り。

 ■第8回…優勝(3チーム) →サファリで出場
 ■第9回…準優勝(11チーム) →途中エア漏れ…
 ■第10回…優勝(10チーム) →足が攣る!

 続く北山、長良川WWFでは諸般の事情でNKC会長とは出場できません。「シャレコウベ」としては、今年はこのTWWFが最初で最後の大会となります。もちろん狙うは連覇ですが、共に三十路を迎えた今年の大会、不安要素もいくつかあります。

 まず、二人とも体重が増加したこと。もちろんムダな肉です。年齢のせいか、なかなか減ってくれません。当然ながら体重が増加しただけフネが重くなるので、距離が長いほどに不利になります。

 もう一つはチームとしての練習不足です。今年、たぶん一回も一緒に乗ってないんじゃないかなあ。最後に一緒に漕いだのがこのTWWFだとすると、かなりブランクがあります。息が合わないとペースが狂い、配分が掴みづらくなります。

 大会前の一週間、そんなふうに考えながら過ごしていましたが、そんなことがどうでもよくなるくらいのイベントが俄にやってきました。

 台風9号、フィートウの襲来です。

 7日(金)未明の増水ぶりは凄まじかったです。6日12時から7日12時の水位変化は以下の通りでした。

 ・市田観測所  -0.53m → 0.17m
 ・時又観測所  -4.12m → -1.49m
 ・天竜峡観測所  2.59m → 7.14m

 天竜峡の4m以上の増水ぶりを目にすると、さすがに中止かなあと考えたのですが、先に現地入りしていたUNKO-MAN情報によると決行の予定とのこと。
 ええ〜、やるの? と当惑しながらも21時45分頃、尼崎出発。中央道恵那山トンネル付近でtomoさんらに出会い、現地に到着したのは25時45分頃。
 起床は6時。短時間な上、何度も目覚めてしまい、よく眠れず、ベストコンディションとは言えませんが、社会人はみんな損たり寄ったりなんで文句言ってもしょうがないですよね。

  諏訪湖に源を発し、約213qを駆け下り、遥か遠州灘に注ぎ込む天竜川。一晩で随分と水は引いたようですが、それでも暴れ天竜という異名を誇示せんがごとく不気味な轟音を立ててうねっています。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:55| Comment(5) | TrackBack(1) | 中部>天竜川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

43 スーパーセビラー(奈良吉野川15)

水位:1.02m(五條) 気温:31℃(五條) 天気:晴れ
区間:梁瀬橋〜天理教(5.3km) メンバー:tomoさん、後輩1号


 夏休みも本日で最後の日を迎えました。
 9月は大会シーズンです。
 来週はいよいよ天竜川ホワイトウォーターフェスティバル(TWWF)を迎えます。ちなみにこの大会、20kmというとんでもない距離を漕がされます。
 今日のナラヨシは、@天竜川WWFに向けたスタミナ強化を中心とする練習と、A今週必死こいて修理したパドルの強度テストが主な目的となります。

 …と書くと、甚だストイックに聞こえますが、はたして実態はといえば、ポンプで空気を注入したそばからエア洩れしてベコベコな伝説のフネ「スーパーセビラー」で下ったり…。

070829narayoshi06.jpg

 「ナラヨシ飽きた」とか言って寝そべってダラダラ下ったり…。

070829narayoshi14.jpg

070829narayoshi17.jpg

 沈して流されたり…、と超テキトーなダウンリバーでした。こんなんでホントに20kmの長距離漕げるんでしょうか。甚だ心配です。

070829narayoshi19.jpg

 余談ですが、ナラヨシはその一見穏やかに見える川相とは裏腹に、先週のように突然パドルを折ったり、実は結構手厳しい川だったりします。
 今日はちょっとだけ歯の浮くようなことを口走った瞬間、思いっきり沈させられました。

070829narayoshi32.jpg

 あと、修理したてのパドルですが、ほんの少し割れ目が浮き出てきたのが気になるところではありますが、フルパワーで漕いでも何ともなく、どうやら大会は大丈夫そうです。

 ところで、さらっと流しましたが、tomoさんの「スーパーセビラー」、実は結構思い出深いフネです。

 tomoさんに初めてメールをいただいたのは確か去年の6月ごろだったと思います。そのときにブログ「カヌーイストなラガーマン」の存在を知ったのですが、@むちゃくちゃやなあ(明恵峡でクルマのカギ流したり、真冬の手取川を一人で下ったり…)というのと、A斬新やなあ、という印象でした。

 このAというのが、タンデム艇をぶった切ってソロ艇「スーパーセビラー」へと改造するというプロジェクトだったのです(詳細はこちら)。

 そして初めて一緒に下った保津川(こちら)でtomoさんが乗ってはったのもこの「スーパーセビラー」でした。

 いつの間にかへっぽこなフネに成り下がってしまいましたが、再び陽の目を浴びることを待っています(捨てないでね!)。

 帰りにはtomoさんに廿世紀梨をいただきました。もう梨のシーズンなんですね。この時期になるとナラヨシ沿いにたくさん梨の直売店が登場するんですが、秋の到来を感じさせる光景です。
 何はともあれ、どうもありがとうございました。

070829narayoshi23.jpg

ニックネーム ラナ父 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 近畿>奈良吉野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

【番外編】パドル修理

 26日に3本目のパドルを折ってしまい、残り1本となってしまったため、このままでは漕ぐことができなくなってしまいました。
 しかし9月から天竜川WWF,北山川ラフティング大会、長良川WWFと三大会が控えており、自分に合う新しいパドルを探す→注文→使いこなす、ための時間的余裕はありませんし、金銭的にもきつそうです。

 ということで、折れたパドルを直すほうが得策と考えましたが、ショップに依頼するとなると、QCD(品質/コスト/納期)のうちQは問題なさそうですが、C,Dはやはりそれなりにかかりそうなので、それなら自分でやってしまおうかと思った次第です。ダッキーのメンテはほぼ自分でやってますから、パドルもなんとかなるかなあと軽い気持ちで考えたんですけどね。

 ということで、ホームセンターで材料を調達してきました。

070828paddle02.jpg

 ・FRP補修用接着剤(エポキシ樹脂+ガラスクロス) →NKC会長お奨め
 ・布ヤスリ →エポキシ樹脂接着強化のため
 ・木の棒(直径20mm,25mm) →シャフトに接ぎ木として使用するため
 ・カンナ →接ぎ木が太すぎた場合削るため
 ・のこぎり →接ぎ木が長すぎた場合切断するため
 ・エポキシパテ →接ぎ木が細すぎた場合隙間を埋めるため

 @修理一本目は中奥川で折った分です。
 まずは、接ぎ木をシャフトに挿し込んでみました。25mmのほうがぴったり合います。木の材質は、チークと桂の二種類がありましたが、後者のほうが強度が高そうと判断しました(チークは軽くて柔らかい)。

070828paddle03.jpg

 A空いている隙間はパテではなく布テープを巻きつけることで対応しました(結局パテは最後まで使いませんでした)。

070828paddle06.jpg

 Bうまく繋がりました。これで「折れ」への耐久性は問題なさそうですが、「ねじれ」にはまだまだ弱そう。

070828paddle07.jpg

 Cねじれへの対応のため、エポキシを塗りたくったガラスクロスを巻きつけました。これで一日乾燥させて様子見です。

070828paddle08.jpg

 D二本目は26日にナラヨシで折れた分。正確には折れたのではなく、割れただけであり、このままでは接ぎ木を挿入することができません。このままガラスクロスを巻きつけるよりは、接ぎ木を入れたほうが強度面で安心かなあと判断し、思い切ってのこぎりで切断しました。

070828paddle09.jpg

 Eガラスクロスにエポキシを塗りたくり、一本目と同様に折れた箇所に巻きつけます。

070828paddle11.jpg

 F完成。ついでに昔割ってそのまま放置していたスプーンパドルも修理しました。

070828paddle12.jpg

 さて、ちゃんと直ってくれているのかどうか…。
 次回実証実験ですが、不安でもあり、楽しみでもあります。

ニックネーム ラナ父 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする