2007年11月17日

55 一橋ストロームカップ(多摩川3)

水位:-2.58m(調布橋) 気温:11℃(青梅) 天気:曇りのち晴れ
区間:御岳苑地(放水口)〜釜の淵公園 メンバー:各大学探検部


 長良川WWFを共に戦ったUNKO-MANの奨めによりまして、一橋大学ストローム会主催の「一橋ストロームカップ」に混ぜてもらいました。大学主催のラフトの大会なのですが、といっても選手として出たわけではありません。ダッキーで併走して下らせてもらいました。

 集合は8時。こんな朝早くても中央高速調布ICまでの道は結構込んでて、15分ほど遅刻。

 めっちゃめちゃ寒い。外に出る気がしません。
 後で調べると、青梅5.8℃(小河内3.6℃)でした。
 真冬並みですやん。

 そんだけ寒いのが少しは寄与したのか、おかげで紅葉はとってもキレイでした。

071117tamagawa01.jpg

 先々週に来たときと異なり、放水口手前までは随分と濁りが落ちていました。放水口から吐き出されているのは相変わらずの泥水でしたが…。

071117tamagawa03.jpg

 開会式の様子です。

071117tamagawa07.jpg

 今年は9艇が参加。例年に比べるとちょっと少なめみたい。

071117tamagawa08.jpg

 若干マシになってはいましたが、濁りっぷりは相変わらずひどいものでした。悲惨な濁度とは対照的に紅葉はピークを迎え、赤と黄色の鮮やかな彩りを見せてくれます。

071117tamagawa11.jpg

 邪魔しないように気をつけながら、ラフトの合間を縫うようにして下りました。

 二俣尾でゴールしてから昼食タイム。
 カレーライスをご馳走になりました。ありがとうございました。

071117tamagawa19.jpg

 昼食後、二俣尾から釜の淵公園までダウンリバー。
 ここから先は、5年前に一度下って以来のコースとなります。ほとんど覚えていませんが、テトラの堰堤があって、越えるのに結構しんどい思いをしたことだけは唯一記憶に残っています。
 5年前はこんな感じで左岸側から越えました。

020923tamagawa13.jpg

 テトラは至るところに鉄杭が飛び出しており、また隙間には流木が刺さっていたり、やたら危なっかしいところだったんで、ラフトはどないして下るんやろ? と思い、近くを漕いでいたラフトボートの学生に聞いてみましたが、「堰堤なんてない」との回答でした。

 あれ、もっと下流やったけな? その後、テトラの残骸はちらほら見かけましたが、彼らの言うとおり、堰堤はありませんでした。

 勘違いやったかなあ、と夢でも見てた気分になりましたが、気になっていたので、後日ネットで調べてみたら、やはり存在はしていましたが、どうも04年頃に撤去されたみたいです。


拡大地図を表示

 撤去って誰がどうやってやったんでしょうね。

 ゴールの釜の淵公園には、ヘンな銅像が建ってました。 
 今でこそ当たり前ですが、琵琶湖産の小鮎を放流して成功したのはここ奥多摩が最初の地だったらしいです。その記念碑みたいですが…。

071117tamagawa31.jpg

 若鮎なのに、なぜ人型をしているんでしょう。

ニックネーム ラナ父 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東>多摩川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1212343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック