2007年12月09日

57 桂川7.2kmコース(桂川2)

水位:1.13m(桂川強瀬) 気温:13℃(大月) 天気:快晴
区間:曙橋〜桂川清流センター(約7.2km) メンバー:ソロ(回送:後輩1号)


 もうすぐクリスマス。
 街角では、いたるところでイルミネーションが色とりどりに光を放ち、冬の凛として冷たい空気を柔らかなオーラで包み込むように輝いています。

 でも、でも、でもそんなの関係ねえ。

 クリスマスだからって新宿なんて、銀座なんて行ってらんねえ。
 天気良ければやっぱ川でしょ。

071209katsura10.jpg

 ということで、今日も桂川を漕いできました!

 インは鳥沢駅近くの曙橋の下から。
 先週の猿橋からだとちょっと遠いのでショートカットしました。それにここからだとライニングダウンをせずに済みます。とはいえ、相当浅いんでスタックはかなりしましたけど…。

 ちなみに紅葉は先週が最後だったみたいで、川沿いの木々はほとんど葉を落としておりました。いよいよ冬の到来ですね。

 ◆桂川キャンプ場の瀬

 まだ二回目ですし、ソロでしたのでこのコース核心部となる桂川キャンプ場の瀬はとくにじっくりと下見しながら下ってきました。

 キャンプ場の跡地? 写真の小屋が左手に見えたらいよいよスタートです。

071209katsura35.jpg

 プレリュードの瀬。コースはまっすぐですが、半ばで一箇所落ち込みがあります。

071209katsura38.jpg

 下から見たら大したことはないですが、実際に下ると50cm程度の落ち込みでもヒヤッとしますんで。それなりに迫力はあります。

071209katsura39.jpg

 若干のインターバルを経るといよいよ核心部スタート。
 写真は瀬の入り口です。陽が差している右岸壁まで瀬が続いていますので結構長いですね。

071209katsura42.jpg

 この瀬、大きく分けて四段から構成されています。
 まず一段目は一発もののウェーブ。楽しそうですが、今日は鳥沢ウェーブで水浸しになったせいで寒かったので早々にパス。

071209katsura43.jpg

 二段目。
 左岸から上がってスカウティングすると全容が把握できますが、フネの上だと直前まで見えません。
 中央は岩で塞がれているので、左岸寄りか、右岸ベタベタのどちらかを選択します。

071209katsura44.jpg

 先週は左岸ルートを取ったので、今日は右岸ベタを通りましたが、最後に中央の岩に乗り上げて、危うくフリップするところでした。水量少なくて助かった…。

071209katsura47.jpg

 三段目も同様に左右どちらかから下りますが、落差が小さく、フネの上からでも先が見えるのでここは比較的安心して下れました。

071209katsura49.jpg

 ラストの四段目。
 右岸で上陸して上流を眺めた図です。やっぱ長いですね。この水量だと楽にエディーキャッチできますが、増水時は多分ムリかなあ。一瞬の判断で下ることになりそうです。

071209katsura52.jpg

 同じく右岸から上陸して下流を確認。
 二段目同様、フネの上からは下が見えません。
 コースは左岸ベタか、岩の隙間をくぐって中央のどちらかですね。右岸側は浅すぎてNGでした。

071209katsura51.jpg

 下から見ると例によって大した落差でないことが分かるのですが、フネの上からだと結構迫力を感じます。

071209katsura53.jpg

 ◆怖かった瀬
 核心部を終えてからも、瀬は断続的に続きます。そのうちヒヤッとしたのは二箇所。梁川橋前後の瀬です。

 うち手前の瀬は、流れの中央に隠れ岩があり、その1mほど下流にホールがあります。岩に張り付いたり避け損ねると、ホールに変な角度で突っ込み、フリップという道を辿ることになります。
 先週は隠れ岩の左から入り、岩のギリギリ右へ抜けたのですが、ヒヤヒヤでしたので今日は最初から右を狙いました。
 が、浅すぎて岩の手前でスタック。
 外しているうちにぐるん、と回転して、ホールに斜め横から突っ込んでしまいました。リーンで堪えましたけど、怖かった…。

071209katsura56.jpg

 下流から見たら、瀬の中央に岩が隠れずに見えますね。

071209katsura57.jpg

梁川橋の断崖地帯を抜けると、眩しいほどに明るくなります。不安、緊張で占められていた気持ちが、陽に当たって融けて零れ落ちるのを感じます。陽光や景色が気持ちに与える影響ってのはものすごいものがあるなあと実感できる瞬間です。

 ザラ瀬を漕いで大きく左にカーブすると、いよいよ後ろの瀬が登場します。

 全体的にかなり浅く、スタックしやすい。写真はまさに瀬の最中ですが、なぜにブレずに撮れているかというとスタックして動けなくなったからです。

071209katsura63.jpg

 ズルズルと引きずるようにして下りると、ラストに60cm程度のドロップがあります。着水地点が右から左に流れており、右サイドが食われます。
 できれば右岸ベタから進入したかったのですが今日は失敗。次回以降にルートを探したいと思います。

071209katsura64.jpg

 初のソロ桂川もこうして無事に終了しました。しかし、寒かった…。この時期、日陰で2時間以上漕ぐとさすがに堪えます。寒さ対策するなり、距離短縮するなり、どげんかせんといかん、です。はい。

【関東>桂川(相模川)の最新記事】
ニックネーム ラナ父 at 22:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 関東>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもご無沙汰しております。
(と言っても関西でも川でお会いする事ができなかったのですが・・・)

桂川ロアーは平常水位でも下ることができるんですね。
先日遠征したときは、ロアーは渓相と景観が素晴らしく、とても印象的な川でした。
増水すればロアーでもかなり激しくなりそうな感じもしますね。

またいつか桂川遠征ツアーの際には、ご一緒できれば良いですね。
これからもブログを楽しみにしてますので、頑張ってくださいね。
Posted by SWIMDOG at 2007年12月10日 11:14
犬(笑)関東でもマイペースで休日を楽しんでいますね。桂川って、自宅から車で近いのですか?写真はラナちゃんと二人乗りしながら撮ってるんやんな?すごいって。大自然、しかも誰もおらへんみたいな感じやけど、いいとこ見つけたね。て、いうか、何県で遊んでるの?紹介してください!!遭難しないようにお気をつけくださいませ。
Posted by コスメイ飼い主 at 2007年12月10日 19:41
>SWIMDOGさん
どうもご無沙汰です。
『水遊び大好き!』はこっち来てネット再開してからちょくちょく拝見してましたよ。桂川にも行かれてたんですよね。しかもアッパー。

また増水したときにお越しになると思いますが、その時にでもお会いできればいいですね。マニアックだけどキレイな川、色々教えてください。

>コスメイ飼い主さん
桂川はウチ(川崎市)からクルマで一時間強です(混んでなければ)。中央道で相模湖の次にある上野原ってICで下ります。
山梨県です。といっても神奈川県との県境ですんでびっくりするくらい近いですよ(混んでなければ)。

夏場は釣り師だらけらしいけど、この時期は人が少ないのでコスメイ遊ばせるにはいいんじゃあないですかね。先週下ったときのスタート地点だった猿橋公園てとこならクルマも川のすぐ傍で停められるし、トイレもあるし、一般の方(カヌー乗りじゃないという意味ね)でも充分楽しめるのではないかと思います。
Posted by ラナ父 at 2007年12月10日 22:10
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1227854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック