2007年12月31日

【番外編】2007年を振り返って

 枚方から尼崎への引越し、そして結婚。
 10月に転勤。ふるさと関西の地をついに離れることになりました。
 人生において大きな岐路となるイベントが集中していた一年でした。

 ◆川への出撃日数
 59日(参考:2006年;60日、2005年;81日)
 いいペースで漕いでいたんですが、10月の転勤後のバタバタで失速してしまい、終わってみれば去年よりマイナスでした。

 ◆大会の結果
【第13回にじますカップ(6/16)】
・5位/14チーム(その他部門)
 会長夫妻、アズマックス&女優Rも出場。アズマックスたちはスパイダーマン芸でなんとなんと「にじますカップ」獲得!
070616nijimasu76.jpg


【第10回天竜川WWF(9/8-9)】
・優勝/12チーム(二人乗り部門)
 会長とのコンビ「シャレコウベ」で連覇達成。後輩1号と会長嫁さんの「チームサドんです」,tomoさんとアズマックスの「レオンとみぃ」に加え、大学の後輩たちも参加してくれました。
070616nijimasu76.jpg

【第9回北山川ラフティング大会(9/23)】
・4位/15チーム(ダッキー総合部門)
 会長&花鳥の幻のチーム「沈虎」が再結成され、見事優勝! 表彰式でのあの得意満面の笑みを思い出すだにムカつくのでまだ記事書けてません(笑)。
070616nijimasu76.jpg

【第14回長良川WWF(10/6-8)】
・優勝/14チーム(インフレ部門)
 UNKO-MANとのにわかコンビで出場でしたが、宿敵美並カヌークラブをついに破って優勝! これも記事まだ書きかけですが…。
070616nijimasu76.jpg

 *第31回リバベン…欠場

 ◆下った川
・総本数…21本(参考:2006年:19本、2005年:29本)
・初めて下った川…9本(参考:2006年;4本、2005年;7本)
 目標100本に対して、現在65本!

 【内訳】 ※青字は初めて下った川
 <関東>
 多摩川(3),桂川(3)
 <近畿>
 奈良吉野川(16),中奥川(1),北山川(2)
 保津川(1),由良川(美山川)(5),上林川(3)
 櫛田川(1),蓮川(2)
 篠山川(1),武庫川(1)
 <中部>
 南川(2)
 長良川(10)
 天竜川(2),高瀬川(1),前川(1)
 <四国>
 吉野川(大歩危・小歩危)(2),野根川(1)
 <九州>
 大野川(1),耳川(1)

 以下では、初めて下った川のレビューを時系列でしたいと思います。
 Googleの地図機能が大いに強化されたことを受けて、Googleマップで川地図も作成してみました。

【57 耳 川(宮崎)】 川地図
 予想以上に水量豊富な川でしたが、予想以上にダムで寸断され、中流域のほとんどは川に水がなく導水管を流れているという有様で、下流域しかコース設定できませんでした。冠山の眺めが良です。ツーリング向き。
070616nijimasu76.jpg

【58 南 川(福井)】 川地図
 少し増水すれば快適に下れます。相生橋の床止めは要注意ですが、初心者でも問題ないレベルだと思います。上下流とも堰堤が多く、快適に下れる区間が限られているのが残念。
070616nijimasu76.jpg

【59 篠山川(兵庫)川代渓谷】 川地図
 『2007年最も印象に残ったダウンリバー』栄光の3位。核心部の恐竜化石の瀬(丹波竜発掘現場)を下るときはドキドキでした。急勾配なうえ小さい川なので、天気予報と当日の水量には充分配慮する必要があります。珠に瑕なのが水質が最低レベルということ。
070616nijimasu76.jpg

【60 上林川(京都)】 川地図
 まとまった雨が降れば下れます。(実際に下ったわけではありませんが)熱帯雨林の中を通り抜けている気分になります。険悪な箇所はありませんが、流れが速く瀬が長いため油断は禁物。
070616nijimasu76.jpg

【61 武庫川(兵庫)武庫川渓谷】 川地図
 『2007年最も印象に残ったダウンリバー』文句なしの1位。当時住んでいた尼崎の家の前を流れる姿とはあまりにもギャップがありすぎて、とても同じ川とは思えません。篠山川同様、都市部の川のため増水が急だと思います。透明度は木津川と同程度に悪い。
070616nijimasu76.jpg

【62 中奥川(奈良)】 川地図
 『2007年最も印象に残ったダウンリバー』堂々の2位。まとまった雨が降れば下れます。スタートしていきなり滝というのが、強烈に印象に残っています。しかも巻かれると出にくい結構危ないタイプです。山奥だけあって真夏なのに寒かった。透明度は最高。飲めます。
070616nijimasu76.jpg

【63 野根川(徳島)】 川地図
 小さい川です。上流部は結構ヤバそう。透明度は日本最高級らしいです(下った当日は増水で濁っていた)。鮎釣りで相当有名みたいですのでシーズン中はなかなか機会に恵まれないかもしれません。
070616nijimasu76.jpg

【64 大野川(大分)】 川地図
 透明度はまあまあ。瀬が浅いので快適に下るにはもう少し水量が欲しい。スラロームのメッカらしいです。川幅が広く、犬江釜峡という名前の割には渓谷っぽくありませんでした。初心者でも問題なさそうです。
070616nijimasu76.jpg

【65 桂 川(山梨)ロワー】 川地図
 定期的に行われるダム放水時は全国からパドラーが集まるらしい。深い渓谷の底からの眺めは最高。意外とキレイで、渇水でも何とか下れますが、鮎釣りのメッカのためシーズン中は何かと気を遣うらしいです。
070616nijimasu76.jpg

ニックネーム ラナ父 at 01:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新年おめでとうございます。まだお目にかかっておりませんが、今シーズンよろしくお願い致します。さて、川地図、凄いことになってますね。僕にはとてもマネ出来ません。作られたリバーマップを色々な方々が参考にしたり、新たに作成してリバースポーツの振興につながるといいですね。時に今Google マイマップ EXPOが開催されてますが、参加されては如何ですか?
Posted by Acton at 2008年01月01日 08:05
Actonさん、新年おめでとうございます。
コメントありがとうございます。

昨晩、実家より戻りました。その間ネット環境がなかったもので、レス遅くなりましてすいません。
Googleの川地図ですが、Actonさんにいろいろ教えてもらったおかげです。目印もある程度揃い、動画や画像の貼り付けも慣れてきましたので、まずは去年初めて下った川を対象に作成してみました。
Google マイマップ EXPOはまた覘いてみます。参考になる使い方があるかもしれませんので。
Posted by ラナ父 at 2008年01月05日 12:58
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1248789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック