2007年12月31日

【番外編】2007年を振り返って

 枚方から尼崎への引越し、そして結婚。
 10月に転勤。ふるさと関西の地をついに離れることになりました。
 人生において大きな岐路となるイベントが集中していた一年でした。

 ◆川への出撃日数
 59日(参考:2006年;60日、2005年;81日)
 いいペースで漕いでいたんですが、10月の転勤後のバタバタで失速してしまい、終わってみれば去年よりマイナスでした。

 ◆大会の結果
【第13回にじますカップ(6/16)】
・5位/14チーム(その他部門)
 会長夫妻、アズマックス&女優Rも出場。アズマックスたちはスパイダーマン芸でなんとなんと「にじますカップ」獲得!
070616nijimasu76.jpg


【第10回天竜川WWF(9/8-9)】
・優勝/12チーム(二人乗り部門)
 会長とのコンビ「シャレコウベ」で連覇達成。後輩1号と会長嫁さんの「チームサドんです」,tomoさんとアズマックスの「レオンとみぃ」に加え、大学の後輩たちも参加してくれました。
070616nijimasu76.jpg

【第9回北山川ラフティング大会(9/23)】
・4位/15チーム(ダッキー総合部門)
 会長&花鳥の幻のチーム「沈虎」が再結成され、見事優勝! 表彰式でのあの得意満面の笑みを思い出すだにムカつくのでまだ記事書けてません(笑)。
070616nijimasu76.jpg

【第14回長良川WWF(10/6-8)】
・優勝/14チーム(インフレ部門)
 UNKO-MANとのにわかコンビで出場でしたが、宿敵美並カヌークラブをついに破って優勝! これも記事まだ書きかけですが…。
070616nijimasu76.jpg

 *第31回リバベン…欠場

 ◆下った川
・総本数…21本(参考:2006年:19本、2005年:29本)
・初めて下った川…9本(参考:2006年;4本、2005年;7本)
 目標100本に対して、現在65本!

 【内訳】 ※青字は初めて下った川
 <関東>
 多摩川(3),桂川(3)
 <近畿>
 奈良吉野川(16),中奥川(1),北山川(2)
 保津川(1),由良川(美山川)(5),上林川(3)
 櫛田川(1),蓮川(2)
 篠山川(1),武庫川(1)
 <中部>
 南川(2)
 長良川(10)
 天竜川(2),高瀬川(1),前川(1)
 <四国>
 吉野川(大歩危・小歩危)(2),野根川(1)
 <九州>
 大野川(1),耳川(1)

 以下では、初めて下った川のレビューを時系列でしたいと思います。
 Googleの地図機能が大いに強化されたことを受けて、Googleマップで川地図も作成してみました。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 01:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

【番外編】ラナ、テレビを観る

 みのさんが出てるテレビをソファーに寝そべってずっと観ています。
 留守番している日中でも自分でリモコン操作して電源ONにしてこっそりと観ているらしい。

IMGP4467.jpg

 あまり楽しいことばかりとはいえないニュースを聞いて、何を思うんでしょうね。

IMGP4469.jpg
ニックネーム ラナ父 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

【番外編】ラナ、5歳になる

 神奈川県民になってから早いもので約一ヶ月が過ぎましたが、ここにきてネットがようやく繋がりました。
 約一ヶ月半ぶりの更新になりますので、以下に近況をつらつらと。

 川界では、情報が遮断されていた間に、あれだけ蔑視していたくせして会長、花鳥がmixiにハマっていたり、静水プレイの新技『般若』を生み出していたり、tomoさんがカヤック始めていたりと、周辺には結構変化がありまして、先々週末にナガラで久々に会ったとき、全然話についていくことができませんでした。時代はまさにドッグイヤーです。

 川下りですが、実は10月末から再開しておりました。ここのレポートには時間を見つけてバックデートでぼちぼち埋めていきます。関東圏では今のところ多摩川しか漕いでませんが、徐々に拡張していきたいなと思ってます。

 大阪にいるとき、空いた時間の多くを川の情報収集や自身が下ったときのレポート更新作業に費やしていた私にとって、インターネットが使えないというのは予想していた以上に大きな事件でした。
 いきなりやることがなくなったんですよね。
 代わりに、最初はマンガや雑誌、しばらくして小説を読むようになりました。約1時間になってしまった通勤時間の暇つぶしにもなるので、一石二鳥のつもりで読み始めたのですが、これが結構ハマってしまいました。

 今読んでいるのは宮部みゆきさんの作品です。以前読んだ『ブレイブストーリー』でとっても気に入ってた作家でしたので。
 『クロスファイア』上下巻から始まり、代表作の『火車』『理由』を立て続けに読破し、『鳩笛草』、そして現在は『蒲生邸事件』を読んでます。あと、エッセイでは筒井康隆氏の『笑犬楼の逆襲』も読みましたかね。

 一度読み出すと止まらない。電車内だけでなく、歩きながらも、帰ってからもベッドでずっと読んでます。おかげで目の下にクマができて社内でも心配されるほどなんですが、仕事と関係ないので苦笑してます。
 あと、ネットと違って本って意外と金がかかるのも困りものです。

 ところで、19日にラナが5歳の誕生日を迎えました。
 目の周りの毛が少し白っぽくなって、なんか年取ったなという印象を受けます。妻によると、鼻の周りも以前より白っぽくなったみたいです。

IMGP4334.jpg

 それから随分と痩せました。お尻が一回り小さくなって、2歳くらいのときの体重(26〜27kg)に戻ってしまいました。最近、食欲落ちてるんですよね。転居のストレスかなあと思うと申し訳ない気持ちになります。

 転勤後、家を出るのは7時、帰宅は大体21,22時台が一番多い。その間、一人ぼっちで留守番なのです。トイレもガマンして。
 ついに膀胱炎に罹ってしまったので、今さらながら室内で用を足すように教えたら覚えてくれました。誰か家にいたら絶対にしないのですが、一人もいなかったらするようです。とりあえず膀胱炎再発は回避できそうで、少し安心しました。

 ちなみに、誰もいなかったらすると言えば、こ奴、ベッドで寝るんですよね。布団がへこんでたり、毛だらけになってたりするのですぐバレるんですけど。掃除が大変なので、ラナ用の布団を作り、寝室のドアを閉めて入れなくしてから家を出るようにしました。今のところ大人しく自分の布団で寝ています。

071117tamagawa39.jpg

ニックネーム ラナ父 at 12:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

【番外編】東京転勤!

 恐れていたこの日がついにやってきました。

 10月1日付で、東京に転勤することになりました。

 前々からある程度覚悟はしていましたが、これまでご一緒させてもらった人たちともう漕げなくなるのかあと思うとやはり寂しい気持ちになります。

 ここ最近考えていたことだと、KROさんと熊野川ツーリングも行けなくなるし、KYOKOさんと高見川、黒滝川、紀伊丹生川も漕げなくなるのかあ…。武庫川や篠山川ももう一回、行きたかったなあ。

 関西って近くになかなかいい川がないなあと思ってましたが、いざこの地を離れるとなると、岐阜や四国、紀伊半島にアクセスしやすい、そして関東に比べて渋滞の少ない、結構恵まれた土地であることを再認識するようになりました。
 失って初めて分かることですね。

 後輩1号さんは仕事があるので、新婚早々単身赴任となりますが、幸いなことには、およそ半年以内には再び二人と一匹で暮らすことができそうです。後輩1号さんの勤務先が配慮して首都圏に転勤させてくれるらしいので。

 さて、今日はこれから新幹線で東京行って、家探しです。
 現在の尼崎のマンション借りるときも苦労したんですが、ペット可の賃貸マンションってもともと少ない上、ゴールデンレトリーバーのような大型犬となるとさらに1/3以下に絞り込まれ、最寄り駅が不便とか、駅から徒歩20分とか、条件の良い物件が少ないんですよね(ネコはさらに大変らしいです)。

 それに加えて首都圏はまったく土地カンがないので非常に苦労してますが、予算内で大型犬可の物件の選択肢が多く、通勤時間が短く、高速ICへのアクセスがしやすく、という条件で探し続けて、結果、神奈川県川崎市多摩区あたりを候補地に挙げています。

 引っ越して少し落ち着いたら川下りを再開します。そしたらまたどこかでお会いすることがあるかもしれません。長良川には意外と頻繁に遠征してたりして。ゴールデンレトリーバーの乗ったダッキーを見かけたらぜひお声がけください。

 最後になりましたが、今まで川下りをご一緒させていただいた方々、ラナ共々本当にお世話になりました。ラナとダッキーに乗り始めて約4年半になりますが、おかげで一生忘れることのできない、楽しく、充実した週末を過ごすことができました。

 直接お会いしてお礼を申し上げたいところなのですが、まこと失礼ながらこの場をもって代えさせていただきます。

 本当に、ありがとうございました。

ニックネーム ラナ父 at 10:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

【番外編】北アルプス/奥穂高岳

日程:9/15〜9/17 メンバー:後輩1号、義理父母 コース:地図参照


拡大地図を表示

 残念ながら、今回ラナは実家でお留守番です…。

◆9/15
上高地(1:00)〜明神(1:00)〜徳沢(1:10)〜横尾(1:00)〜本谷橋(2:00)〜涸沢 (total6:10)

 河童橋を流れる梓川。何度か雑誌で目にしたことがありましたが、訪れるのは初めてです。この水量の多さでこの水質の良さはそうそうお目にかかれるものではありません。

070915okuho04.jpg

 梓川左岸から眺めた明神岳。

070915okuho07.jpg

 梓川。清冽という言葉はこの川にこそ相応しいです。
 この辺、結構人多いです。それにもかかわらずこれだけの自然が維持されているということに何度も驚かされました。
 時々見えないところはありませんが、横尾から上高地の区間はザラ瀬の連続で快適に下れそうです(ログがところどころ入っているので細心の注意は必要です)。
 上高地から徳沢か横尾までの区間、往路はカヌーをキャリーで転がしつつトレッキング、復路は荷物を積み込んでカヌーツーリングというコースを一度やってみたいなあと思いました。

070915okuho12.jpg

 梓川の支流、横尾谷に沿って涸沢に向かいました。写真は横尾谷から眺めた「屏風の耳」?

070915okuho17.jpg

 本谷橋を渡り、横尾谷右岸へ。この辺になると水量がだいぶ少なくなってきて写真みたいな感じですが、下のほうは下れる水量があると思います。山道からはほとんど見えないのですが、垣間見た限りではバリバリのクリークですので私では多分死にます。

070915okuho21.jpg

 最後にちょっときつめの傾斜を登って涸沢ヒュッテに到着。ちなみに「ヒュッテ」とは山小屋の意味らしい。この日はテントで宿泊。

070915okuho22.jpg

 こっちが涸沢ヒュッテです。岩の要塞みたい。トルコ語でいうと「ヒサル」ですね。

070915okuho23.jpg

◆9/16
涸沢(2:30)〜穂高岳山荘(0:50)〜奥穂高岳(0:30)〜穂高岳山荘(1:30)〜涸沢(2:00)〜本谷橋(1:00)〜横尾 (total8:20)

 4時半起床で6時発。涸沢ヒュッテからパノラマコースを通って穂高山荘を目指します。

070916okuho01.jpg

 ちょうど真ん中の窪みに見えるのが穂高山荘。見えているんだけど、遠い…。

070916okuho03.jpg

 北方には北穂高を望むことができます。穂高山荘から尾根沿いに歩けるらしいですが、結構しんどいのと危険なのとで今回はパス。

070916okuho05.jpg

 頂上がだんだんガスってきました…。
 やっとの思いで穂高山荘に着くと、迎えてくれたのは冷たい強風。一気に体温が奪われ、寒くなってきたので山荘で休憩後、奥穂高山頂に向かいましたが、吹き荒ぶ風雨と立ち込めるガスとで何も見えませんでした…。

070916okuho06.jpg

 ザイテングラード(支稜線)を下りてくると再びガスが減ってきました。

070916okuho13.jpg

070916okuho15.jpg

070916okuho16.jpg

◆9/17
横尾(1:10)〜徳沢(1:00)〜明神(1:00)〜上高地 (total3:10)


★作成中…

ニックネーム ラナ父 at 22:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

【番外編】パドル修理

 26日に3本目のパドルを折ってしまい、残り1本となってしまったため、このままでは漕ぐことができなくなってしまいました。
 しかし9月から天竜川WWF,北山川ラフティング大会、長良川WWFと三大会が控えており、自分に合う新しいパドルを探す→注文→使いこなす、ための時間的余裕はありませんし、金銭的にもきつそうです。

 ということで、折れたパドルを直すほうが得策と考えましたが、ショップに依頼するとなると、QCD(品質/コスト/納期)のうちQは問題なさそうですが、C,Dはやはりそれなりにかかりそうなので、それなら自分でやってしまおうかと思った次第です。ダッキーのメンテはほぼ自分でやってますから、パドルもなんとかなるかなあと軽い気持ちで考えたんですけどね。

 ということで、ホームセンターで材料を調達してきました。

070828paddle02.jpg

 ・FRP補修用接着剤(エポキシ樹脂+ガラスクロス) →NKC会長お奨め
 ・布ヤスリ →エポキシ樹脂接着強化のため
 ・木の棒(直径20mm,25mm) →シャフトに接ぎ木として使用するため
 ・カンナ →接ぎ木が太すぎた場合削るため
 ・のこぎり →接ぎ木が長すぎた場合切断するため
 ・エポキシパテ →接ぎ木が細すぎた場合隙間を埋めるため

 @修理一本目は中奥川で折った分です。
 まずは、接ぎ木をシャフトに挿し込んでみました。25mmのほうがぴったり合います。木の材質は、チークと桂の二種類がありましたが、後者のほうが強度が高そうと判断しました(チークは軽くて柔らかい)。

070828paddle03.jpg

 A空いている隙間はパテではなく布テープを巻きつけることで対応しました(結局パテは最後まで使いませんでした)。

070828paddle06.jpg

 Bうまく繋がりました。これで「折れ」への耐久性は問題なさそうですが、「ねじれ」にはまだまだ弱そう。

070828paddle07.jpg

 Cねじれへの対応のため、エポキシを塗りたくったガラスクロスを巻きつけました。これで一日乾燥させて様子見です。

070828paddle08.jpg

 D二本目は26日にナラヨシで折れた分。正確には折れたのではなく、割れただけであり、このままでは接ぎ木を挿入することができません。このままガラスクロスを巻きつけるよりは、接ぎ木を入れたほうが強度面で安心かなあと判断し、思い切ってのこぎりで切断しました。

070828paddle09.jpg

 Eガラスクロスにエポキシを塗りたくり、一本目と同様に折れた箇所に巻きつけます。

070828paddle11.jpg

 F完成。ついでに昔割ってそのまま放置していたスプーンパドルも修理しました。

070828paddle12.jpg

 さて、ちゃんと直ってくれているのかどうか…。
 次回実証実験ですが、不安でもあり、楽しみでもあります。

ニックネーム ラナ父 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

【番外編】平成18年河川ランキング

 さる21日、国交省河川局より一級河川の平均水質ランキングの発表がありました。

 ■参考:「平成18年全国一級河川の水質現況の公表」
 
 栄えある日本一の座に輝いたのは、以下の9河川です。

 北海道/ 尻別川(尻別川水系)・北海道 *三年連続
 北海道/ 後志利別川(後志利別川水系)・北海道 *二年連続
 北海道/ 鵡川(鵡川水系)・北海道 *二年連続
 北海道/ 沙流川(沙流川水系)・北海道 *三年連続
 北陸 / 黒部川(黒部川水系)・富山
 中部 / 安倍川(安倍川水系)・静岡
 中部 / 宮川(宮川水系)・三重
 中国 / 高津川(高津川水系)・島根
 九州 / 川辺川(球磨川水系)・熊本 *今回から調査対象

 *いずれもBOD値(水質汚濁を示す代表的な指標)0.5

 いっぽう166位となった、すなわち水質ワースト1の河川はやっぱり大和川(BOD4.7)でした。不名誉な結果ですが、水質の改善は随分と進んでいるようです。
 ちなみに地元の猪名川(BOD3.4)も5位にランクインです。

 よく漕いでいる川、最近下った川は以下のような順位でした。

 中部/天竜川(1.4) 135位↓
 中部/木曾川(0.6) 12位↑
 中部/長良川(0.8) 53位↓
 中部/櫛田川(0.7) 39位↓
 近畿/熊野川(0.9) 92位↓
 近畿/紀の川(1.1) 113位↓
 近畿/淀 川(1.3) 129位↓ 
 近畿/木津川(1.2) 123位↑ *大幅改善
 近畿/桂 川(1.0) 101位↓
 近畿/由良川(0.6) 24位↓
 四国/四万十川(0.8)64位↑
 四国/仁淀川(0.6) 12位↑
 四国/吉野川(0.7) 43位↑
 九州/大野川(0.8) 64位↓

 *( )内はBOD平均値

 あれ? っと違和感を感じたのは、木曾川(12位)と長良川(53位)。逆なら理解できるのですが。
 普段下っているナガラ(郡上市)は自ら飛び込んで泳ぎたいと思えるほどに清冽なのときが多いのに対して、木曾川(日本ライン/可児市・犬山市)は濁っているし臭いので。

 どこで調査したんだろう? 調査地点を調べると以下の地図のようになりました。


拡大地図を表示

 分かったことは以下の通り。
 ・両河川とも、調査地点は中下流域に集中している
 ・木曾川は中上流域にも二箇所調査地点がある(味噌川ダム、丸山ダム)
  →ただしダム貯水池は原則として調査地点に含まれない
 ・長良川は最下流域で一気に水質が悪化している(BOD値1.2)

 そう、長良川にはあの河口堰が存在していたのでした。これで順位が低いのが何となく納得できたような気がします。

 普段私が下っている地域に一番近いのは長良川だと藍川橋(BOD値0.5)で、これはランキング1位と同じ数値ですね。ただ、木曾川日本ラインも意外と水質が良いという結果が出ており(犬山橋 BOD値0.6)、疑問は残りました。
 BOD(生物化学的酸素要求量)とは、「溶存酸素存在のもとで水中の有機物を栄養源として好気性微生物が増殖・呼吸するときに消費される酸素量で、20℃ 5日間で消費される溶存酸素量(mg/l)を標準とする」と定義されていますが、透視度や臭いとは直接関係がないということでしょうか。

 ところで、ランキングは各調査地点の結果の平均値で行われていますが、これって調査地点の数と位置によって実際の姿と随分ギャップが生じるのではないかと思います。

 たとえば櫛田川(39位)と宮川(1位)。
 どちらも二点ずつ、似たような場所(下流域)に調査地点が設けられていますが、上中流部に複数調査地点が増えればどうでしょう。普段漕いでいる櫛田川の中流部はかなりキレイなので、おそらくランキングは上がると思います。
 そして宮川は中流部(大台町)に三瀬谷ダムがあり、ダム直下は結構濁っていますが、川の自浄作用と一之瀬川など清冽な支流を合わせることなどにより、下流に行くほど透明度が上がる川です。すなわち、ダム前後に調査地点があれば、ひょっとしたら全国一位の座は危うくなるかもしれません。

 つまり、以下のような疑問を感じるわけです。
・各調査地点の平均水質とは、その河川全体の水質を的確に表しているといえるのか
・各河川を平等に比較できているといえるのか。たとえば調査地点の数と位置に関して何がしか統一的な基準が存在するのか

 各河川の調査地点の数と位置に関する基準に関する記載はとくに見当たらなかったので不明ですが、もし基準が存在しないとすれば、極端な場合、流域ほとんどが汚くても、一部のキレイなところのみ調査地点が設置されている川はランク上位に位置し、流域ほとんどがキレイでも、一部の汚染されているところに調査地点が集中していればランク下位になるという可能性もありえます。

 もしこのような事象が存在するとしたら、このランキングってあくまで参考程度に捉えておくほうがよいのかもしれませんね。

ニックネーム ラナ父 at 01:35| Comment(5) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

【番外編】ラナ、ふたたび雑誌に載る

 先月の「RETRIEVER【レトリーバー】」に引き続き、「FENEK(フェネック)」というクルマとアウトドアの雑誌にラナを載せてもらいました!

 【参考】
 http://www.bestcar-fenek.jp/

 昔、tetsuさんと万水川を下ったときの記事が(若干手を加えられてますが)紹介されています。
 ヒマがあったら本屋さんで覘いてみてください…。


 「RETRIEVER【レトリーバー】」は先月14日発売でしたが、大きな書店ならまだ置いてあります。こっちはプロの編集者&写真家がわざわざ取材に来てくれて、6ページも使って特集を組んでいただいてます。

 【参考】
 http://www.retriever-e.com/home.html

 雑誌の写真を載せようかと思いましたが、著作権を考えて止めておきます。

 写真といえば、昨日KYOKOさんに結婚祝いでいただいた傘立てが結構素敵だったので思わず撮りました。

 これまで傘立てを持っていなくて、下駄箱の扉に引っ掛けていたもんで、多少見苦しかったのですが、おかげでとってもスッキリしました。
 ありがとうございました☆

070708kanbayashi51.jpg
 
ニックネーム ラナ父 at 00:14| Comment(10) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

【番外編】プレゼント

 先日、後輩1号のゼミの恩師のお家に招かれた際、そこの元気一杯の娘さんからプレゼントをいただきました。
 何でも犬を飼いたいけれど、ペット禁止のマンションのため飼うことができず、ラナに会いたくて、一緒に遊びたくてしょうがなかったらしいです。

070606lana02.jpg

 材料はかまぼこ板でした。名札の内容は図鑑を見て調べたのかな?
 ちなみに「大けん」は「大型犬」のことを指していると思います(笑)。

070602lana13.jpg

 あと、本日tomoさんよりお祝い品をいただきました。
 佐川急便さんから受け取ったダンボールの送り元は「好日山荘」。

 気になる中身は…、「ドギーフローテーションベスト」でした。
 いわゆる犬用のライジャケです。

 考えてみれば、ラナのライジャケってもう三年くらい使っているおかげですっかり色褪せてしまってるもんなあ。
 新しいライジャケは今と同じモンベル製品ですが、三年前と比べて随分形状が改善されていました。

 カラーは赤です。結構似合うなあ。

070606lana04.jpg

 ちなみに写真撮影後、しばらく目を離していたら玄関でいたずらしてました。ああ、サンダルが…。

070606lana05.jpg

 tomoさん、ありがとうございました!
ニックネーム ラナ父 at 22:27| Comment(2) | TrackBack(1) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

【番外編】スライドショウ

 先日ホームページの掲示板に式の内容を「番外編」で…と書いてしまいましたが、写真がある程度揃ってから着手することにしたいと思います。

 今日はスライドショウについて。

 式中に思い出の写真をスライドで流すというのは結構目にするケースが多いと思いますが、私も友人の式に参加するたびにやってみたいなあと漠然と思っていました。
 直前になって、何となくパワポで作り始めましたが、これがまた作業負荷がかなり大きい。
 挫折しかかってたころ、比較的楽に作成できそうなフリーソフトをたまたま発見したので、こちらで作ってみようと検討してみました。

 【気に入らない点】
 @対象は写真のみで動画は組み込めない
 AMAX300枚まで
 B写真表示時間を一括で変更できない
 C複数枚選択ができない(表示順変更の際は1枚ずつD&D)

 【気に入った点】
 D音楽を複数、好きなタイミングで組み込める
 Eコメントを入れない写真は自動でダイナミックに動く
 F写真1枚ずつコメントを挿入できる

 上記のとおり問題も多かったですが、何よりDとEが気に入ったので採用することにしました。
 写真がたくさんありすぎて(川下りのばっかりですけど)、300枚に絞るのは大変でしたが、まあ満足いくものを作ることができました。

 以下はラナちんを飼い始めた年(2003年)をピックアップしたものです。




 これらの写真に当時の思い出の曲を組み込むと、強烈な力で過去の世界に引き込まれますね。妙に切なくて懐かしい、ノスタルジックな気分になります。
ニックネーム ラナ父 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

【番外編】太った?

 先週末のナガラで久々にKROさんと漕ぐ機会がありましたが、その際、

 「ラナ、太った?」

 と聞かれました。

 そう言われてみると昔はアスリートのような体型だったのが、今は腰まわりが随分と丸っこくなっています。

 ちなみに0歳のころ(03年8月)はこんな感じでした。今では信じられないですが、あのサファリに乗ってました。

030803narayoshi08.jpg

 1歳のとき(04年10月)ではこんな感じ。細いです。現在と比べるとまだ顔が幼いですね。

041016kushida03.jpg

 2歳(05年7月)のとき。顔つきは現在と変わらないですが、まだまだ細い。

050717kaifu05.jpg

 3歳(06年5月)の写真。
 太りましたね…。

060503kaifu01.jpg

 そういえば、この年の冬は忙しかったり、風邪が治らなかったりして1ヶ月ほど川下りを休んだことがありましたが、そのときにえらい太ってしまいました(27kgから32kgへ増加)。
 その後、29kg台まで減らしましたが、やっぱり昔のような体型には程遠いですね。

 で、今はこんな感じです。

070321narayoshi04.jpg


 なんか、自分の姿と重なってきました。ラナ飼い始めたころと比べると5kg以上増えてるもんな…。

 もっとダイエットしないと…。
ニックネーム ラナ父 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

【番外編】物忘れ

 引越しに伴い、インターネット環境がなくなってしまっていたのですが、この週末にめでたく開通しました。
 で、2/19,3/4にナラヨシ下った分を更新しようと残しといたメモを見ながら文章書いてましたが、当時の記憶が今ひとつ残っていません。どうにも最近物忘れが激しいのが気になっていました。

 先日電車に乗って何気なくEPSONプリンタの広告を眺めているとき、誰だったかなー、この女優? とどうしても思い出せなくなりました。
 たしかNTTのフレッツ光にも出てたよなー。
 あと映画の「タッチ」とか…。
 あ、新幹線のポスターにも出てたなあ。

 …長澤まさみだ。
 思い出すのに10分くらいかかりました。

 思い出せてよかった、と隣の「生茶」の広告を見ると…。誰だっけ?
 また思い出せません。
 ・NHKの「ひまわり」に出てた
 ・反町隆史と結婚した

 ここまで思い出せても、うーん、ダメだ。どうしても名前が思い出せない。


 大丈夫かなあと後輩1号さんとその件で話をしてたら、
 「いや、もともと頭良くないじゃないですか」
 との回答でした。

 何だか妙に納得のいく答えでした。
ニックネーム ラナ父 at 16:27| Comment(2) | TrackBack(1) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

【番外編】動画作成練習

 社会人一年生のとき、生まれて初めてデジカメ(Casio Gブロス GV-20)を購入しました。200万画素という今では携帯でも当たり前レベルの性能でしたが、音声なしとはいえ動画を10秒間だけ撮れる機能がありまして、10秒という限られた時間ながらも物珍しさからいろいろ撮影していました。
 ただ、動画ファイルは容量が大きくHDDを圧迫すること(当時使用していたPCはHDD容量が残り数百Mbしかなかった)と、ホームページでは題材が写真に限られていたことなどからそのうち使わなくなっていました。

 写真だけでなく動画も積極的に導入していこうと考えた手前、編集方法についてなど過去のファイルを使って練習しときたかったんですが、そういうわけで題材が大してありません。
 しかたなく、写真を使って試していましたが、組み合わせたり文字を入れたりで紙芝居のようなものが作れたり、また連写した写真を連続させることで動画チックなものができたりと、これはこれで結構面白そうだというのが分かりました。

 これは一昨年の盆休みに小歩危を下った際にTetsuさんに撮ってもらった写真を動画用に編集してみたものです。



 次はラナで作ってみようかな。
ニックネーム ラナ父 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする