2007年08月15日

40 小歩危ハーフ@ラフト(吉野川・小歩危2)

水位:0.80→0.93m(豊永) 気温:32℃(本山) 天気:快晴
区間:岩原〜白川口(15.0km)
メンバー:tomoさん、会長夫妻、王子、AZMAX,UNKO-MAN,女優R,後輩1号


 今日は岩原から白川口まで。よってラストの瀬は大滝、つまり小歩危前半までの区間となります。
 探検部から拝借したラフトボートが小歩危の激流に対応できるほど剛性の高いものでなく、またスキル・経験がまだ充分でないメンバーが大勢だったということもあり、小歩危をオールで下るのは難しいという結論になったのですが、せっかくだから大滝まで下ろうという折衷案が紆余曲折を経て採用されたのでした。曲戸の瀬以外はメインのヤバい落ち込みを回避できると考えていて、大滝までなら避けまくって何とか下ってやろうと。

 今日はダッキーではなくラフトです。
 この前バリのトゥラガ・ワジャで乗ったばかりでしたが、ガイドとしてはめちゃめちゃ久しぶり。なにぶんブランクが長いので、思い通りにコントロールできるかどうか、かなり不安。
 なお、カヤック組としては、会長、花鳥のダブルチキンコンビことスプラッシャーズ、ダッキー組はtomoさんとUNKO-MANの二人。ダッキー組は初めてのチャレンジです(ラフトでは経験あり)。

 ラフト1艇、カヤック2艇、ダッキー2艇が岩原を出艇したのは10時過ぎ。ここから「まんなか」までは大歩危コースになります。小歩危のことを考えると、この大歩危後半コースはどうしても霞んでしまいがちですが、Take it easy すると必ず痛い目に遭います。
 そのためかどうかは不明ですが、切込隊長のカヤック二人組は、それぞれホールで巻かれて手痛い洗礼を浴びておりました。

070815koboke008a.jpg

 この後半コース、瀬は面白いがいかんせん距離が長いため敬遠されがちなのですが、今日は水量豊富なのでラフトでもまあ快適に進んでます。

070815koboke013.jpg

 そういや、今回の吉野川は久しぶりにキレイでした。
 7月の台風で上流の早明浦ダム一気に貯水率100%になったので、おそらく濁ってんだろなあと透明度にはまったく期待していなかったんですが、いい意味で裏切られました。
 一昨日の那賀川が長安口ダムより下流が死んでいたのとは対照的です。

070815koboke033.jpg

 大歩危コースの終わり、大歩危峡の入り口「まんなか」でランチタイム。
 会長、ビニール袋をフネ、両手を小歩危のホールに見立てて、巻かれる様子をシミュレーションしています。
 周囲は笑いの渦に巻かれています。

070815koboke029.jpg

 再出発は12時40分ごろ。
 小歩危では鮎釣りシーズン中、トラブル防止のために各瀬の通過時間が地元漁協とコマーシャルラフト業者間で決められています。一応、これに合わせようとすると、曲戸の瀬は14:30,鮎戸の瀬は15:00航下となります。うーん、はたして間に合うのか、ちょっと微妙。

 ポポポポとエンジン音を立てて遊覧船が回る長い瀞場を抜けると、ウェストが見えてきました。
 いよいよ、小歩危コースのスタートです。

 しょっぱなは鉄橋の瀬。
 カヤック組、ダッキー組が先行し、ラフトは最後に突入。ここは大丈夫と右岸側のチキンルートは取らず、真っ向勝負しました。

 で か っ !

 前回下った渇水時とは比較にならないど迫力のウェーブ! さすが小歩危、迫力は悪魔超人級。
 否が応でもテンションが上がってきます。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 14:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 四国>吉野川(大歩危・小歩危) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

39 思い出の川(吉野川・大歩危1)

水位:0.68m(豊永) 気温:30℃(本山) 天気:快晴 区間:豊永〜岩原(4.2km)
メンバー:tomoさん、会長夫妻、王子、AZMAX,UNKO-MAN、女優R,後輩1号


 NKC(長良川カヤッククラブ)と一緒に大歩危を下りました。
 NKCは、非常に閉鎖的な団体です。「メンバー大募集中!! 平日パドラー大歓迎!」というホームページのマニフェストとは裏腹に、学閥が権力を握る保守派であります。

070814ohboke02a.jpg

 そんなNKCのNo.2たる会長とNo.3の王子、そして陰の支配者と謳われる会長嫁さんは出身大学の探検部から拝借したラフトで下りました。
 現役大学生、女優Rも一緒に乗っており、排斥されないか不安でしたが、NKC学閥は同じ大学の人間にはとてもオープンで親切です

070814ohboke38.jpg

 会長は久々のラフトにもかかわらず見事コントロール。抑えるところは抑え、危なげなく下りきりました。


 さて、思いっきり話は変わります。
 川下りの面白さを決定づける要素としては、その川が持つ特性(水量、水質、景観など)が主となりますが、その川との関わり方というのも割合として大きいのではないかと思っています。

 たとえば、地元や故郷の川に対しては特別な愛着が湧くものだし、過去に接点のない初めて下る川というのは探究心や冒険心を大いにくすぐってくれます。
 また、過去に下ったことがあっても、トラウマがある(リベンジしたい)、下った当時のことを想起する、なんて場合は、絶妙なスパイスとして作用します。

 前置きが長くなりましたが、tomoさんにとって大歩危とは、過去に痛い目に遭ったトラウマ的存在であり、立ちはだかる壁でした。
 仮に下れる技量があると分かっていても、どんな気持ちかは分かるつもりです。
 緊張の面持ちで、なぜか笛をくわえながらでしたが、トラウマの根源たる豊永の瀬、上下とも見事に下りきりました。

070814ohboke09.jpg

 三段の瀬もクリア、最後までノー沈で下りきりました。
 このときの達成感、解放感、察するに余りあります。おめでとうございます!

070814ohboke25a.jpg

 一方、私にとっての大歩危とは、大学時代を思い起こす川です。 
 大歩危では、大学院生時代の2年間、ラフトガイドとして何十本も下っていました。
 そこから派生して研究室でガリガリやっていた当時のこともフラッシュバックして、とても懐かしい気持ちになります。
 写真はラフトガイド時代。

010826ohboke.jpg

 当時と同じ遊び方をして、思い出をなぞるようにして下りました。

 この大歩危、何十本と下ったので、平水ならさすがに慣れてしまって今さらドキドキすることもないんですが、今日はそうでもなくやや緊張しました。

 だって、割れたパドルで下りましたから。
 犯人は、この男です。

070814ohboke10.jpg

 まあ、いつも何かをやらかしてくれるところが彼の大きな魅力なのではありますが。
 アキレス改・バナナボートではただでさえキツいということで交換しました。

 おかげで三段の瀬も割れたパドルで突入です。

070814ohboke11.jpg

 後輩1号といえば、今日くらいの水量なら安心して見ていてられます。彼女はイケイケではないので、大きなホールはうまくかわしながらですが、ノー沈でクリア。

070814ohboke23.jpg

 今日はUNKO-MANも参加です。
 岡山の旭川カップ終了後大歩危へ駆けつけました。
 前夜の深酒と睡眠不足で20歳そこそこの彼もさすがに絶不調の模様。

070814ohboke30.jpg

 午前中に一本、午後にも同じコースをもう一本下ってこの日は終了。

070814ohboke47.jpg

070814ohboke50.jpg

 おつかれさまでした。

070814ohboke39.jpg

ニックネーム ラナ父 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 四国>吉野川(大歩危・小歩危) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする