2007年09月09日

45 第11回天竜川WWF/ファンスラローム(天竜川2)

水位:-0.53m(市田) -3.70m(時又) 3.24m(天竜峡) 気温:28℃(飯田)
天気:晴れ 区間:阿島橋〜かわらんBAY(10.8km)
メンバー:会長夫妻、tomoさん、AZMAX,後輩1号、女優R,野人

 今日のファンスラロームは会場の阿島橋からスタート。ゴールは昨日と同様かわらんべの約11kmです。


拡大地図を表示

 昨日のダメージで両腕の筋が張り、握力が明らかに落ちていますが、20kmも漕いだおかげで「シャレコウベ」で漕ぐ感覚をだいぶ取り戻した感がありまして、調子は良いです。

070909TWWF01.jpg

 しかし不安材料が一点。
 先週に不死鳥のごとく蘇ったパドルですが、一日目終了後、割れ目に沿ってうっすらとスジが浮かび上がっていました。
 「ねじれ」に弱いかなあという不安が的中し、割れ目に沿ってガラスクロスがほつれ、僅かながらもグラグラと動くようになってしまいました。

 まずいなあ、もつかなあと不安でしたが、心のどこかで大丈夫だろうと思い、対策を打たずに本日を迎えてしまいました。

 本格的にヤバいと思ったのはスタート直前。パドルを川底に当てた際に
バキッという乾いた音が響いたときです。
 ひょっとして、接ぎ木に使った桂の棒が割れた?

 とはいえ、今さらどうしようもない。
 折れたらシングルで漕ごうと割り切るしかないなと。

 ◆@スローロープ
 練習では決めまくりですが本番にめっきり弱いと噂される会長。
 過去2年連続で外しており、「三度目の正直」なるか?
 はたまた「二度あることは三度ある」になるか?
 去年、見事に命中させたアズマックスと打ち合わせです。

070909TWWF04.jpg

 いよよ運命の投擲。

 バン!という乾いた音。

 見事ストライク!
 やりました!

070909TWWF02.jpg

 幸先のよいスタートが切れました。

 昨日より水位はさらに下がっていますが、基本的には同じルートを辿って進めるので昨日より圧倒的に気が楽です。

 弁天橋に到着。
 我々にとって最大の難関、Aロープ登りです。

 ◆Aロープ登り&Bアップゲート
 ロープには昨日何とか攀じ登れましたが、そのダメージで握力が低下、かつ本番という緊張感あふれる状況で果たして成功するのかと思うと結構なプレッシャーを感じます。
 ここでミスすると120Pのペナルティ。すなわち、二位の「あけぼのタイフーン」への昨日のアドバンテージ120秒が一気に消滅してしまうのです。

 残りの体力を考えると、チャンスは一回きり。
 「1200万パワースクリュードライバー」をかけるならここです。
 少しでも距離を稼ぐため、会長の肩を踏台にして高さを稼いでからロープを掴む。

 残念ながら光の矢のようにとはいかず、昨日と同じ感じでゆっくりとですが、登れました。運動神経があまりよいほうではないので不器用極まりないですが、何とか目印まで攀じ登る。
 登りつめた瞬間、握力が切れてズルっと落ちてしまい、会長の上にズシンと落下。すいません…。

 しかし成功は成功。体勢を立て直し、対岸へフェリーグライド。そのまま左岸の3番ゲートをアップで通過。
 フェリーの際、弁天橋の橋桁を横切るのですが、この橋桁が台風の影響でまた流木やらゴミやらが大量に引っかかっていて巨大なストレーナになってたもんで、両腕の力を使い果たし、痺れて感覚のない状態では相当怖かったです。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 中部>天竜川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

44 第11回天竜川WWF/ダウンリバー(天竜川1)

水位:-0.43m(市田) -3.38m(時又) 3.77m(天竜峡) 気温:30℃(飯田)
天気:晴れ 区間:台城橋〜かわらんBAY(19.2km)
メンバー:会長夫妻、tomoさん、AZMAX,後輩1号、女優R,野人


 次第に夕暮れが早くなり、虫の音が濃くなってきた9月。9月といえば、いよいよ北山、天竜、長良の大会シーズンです!

 通常第一日曜日に開催される北山川ラフティング大会が第三日曜日に変更になったため、今年第一弾は天竜川ホワイトウォーターフェスティバル(TWWF)になります。
 この大会、とにかく漕ぐ距離が長い! とくに去年は第10回記念という名目で20kmというハーフマラソンばりの距離を漕がされました。

 ほとんど経験のない距離でありコースです。ペース配分にルート選択、遊船回避に神経をすり減らし、腰痛再発するわ、相方の会長に至っては足が攣って土嚢と化すわで心身共にボロボロにされました。
 これっきりで勘弁してくれという願いも空しく、第11回も20kmコースでした。合掌。

 TWWF参加は今年で4回目、長良川カヤッククラブことNKC会長とのコンビ「シャレコウベ」で漕ぐのは3回目です。
 ちなみに過去の戦績は以下の通り。

 ■第8回…優勝(3チーム) →サファリで出場
 ■第9回…準優勝(11チーム) →途中エア漏れ…
 ■第10回…優勝(10チーム) →足が攣る!

 続く北山、長良川WWFでは諸般の事情でNKC会長とは出場できません。「シャレコウベ」としては、今年はこのTWWFが最初で最後の大会となります。もちろん狙うは連覇ですが、共に三十路を迎えた今年の大会、不安要素もいくつかあります。

 まず、二人とも体重が増加したこと。もちろんムダな肉です。年齢のせいか、なかなか減ってくれません。当然ながら体重が増加しただけフネが重くなるので、距離が長いほどに不利になります。

 もう一つはチームとしての練習不足です。今年、たぶん一回も一緒に乗ってないんじゃないかなあ。最後に一緒に漕いだのがこのTWWFだとすると、かなりブランクがあります。息が合わないとペースが狂い、配分が掴みづらくなります。

 大会前の一週間、そんなふうに考えながら過ごしていましたが、そんなことがどうでもよくなるくらいのイベントが俄にやってきました。

 台風9号、フィートウの襲来です。

 7日(金)未明の増水ぶりは凄まじかったです。6日12時から7日12時の水位変化は以下の通りでした。

 ・市田観測所  -0.53m → 0.17m
 ・時又観測所  -4.12m → -1.49m
 ・天竜峡観測所  2.59m → 7.14m

 天竜峡の4m以上の増水ぶりを目にすると、さすがに中止かなあと考えたのですが、先に現地入りしていたUNKO-MAN情報によると決行の予定とのこと。
 ええ〜、やるの? と当惑しながらも21時45分頃、尼崎出発。中央道恵那山トンネル付近でtomoさんらに出会い、現地に到着したのは25時45分頃。
 起床は6時。短時間な上、何度も目覚めてしまい、よく眠れず、ベストコンディションとは言えませんが、社会人はみんな損たり寄ったりなんで文句言ってもしょうがないですよね。

  諏訪湖に源を発し、約213qを駆け下り、遥か遠州灘に注ぎ込む天竜川。一晩で随分と水は引いたようですが、それでも暴れ天竜という異名を誇示せんがごとく不気味な轟音を立ててうねっています。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:55| Comment(5) | TrackBack(1) | 中部>天竜川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする