2007年05月12日

22 兵庫の川を下る(篠山川1)

水位:0.07m(谷川) 気温:22℃(三田) 天気:快晴
区間:川代公園〜太田橋(4.9km) メンバー:tomoさん


 篠山川は、多紀連山を水源とし、篠山市、山南町を東から西に貫流し、加古川に注ぐ加古川水系の一級河川です。

 カヌーを始めてはや10年以上経ちますが、兵庫県の川を下るのは実は初めてだったりします。
 兵庫県の川といえば、下れる水量のある川は勾配が緩く瀬が少ない、そして非常に残念なことにあまりキレイでないという印象があります。ただ、近所の武庫川、篠山川には一部渓谷を貫流するセクションがあり、キレイな川ではないけど一度は下ってみたいなあと以前から考えていました。

 今回下ることになった篠山川の存在は、5年ほど前から知っていました。
 細田充『カヌー 入門とガイド』山と渓谷社 1991 に川地図が紹介されていたためです。しかし難易度が★★★と最高クラス。「水量の多いときは、滝の連続したエキサイティングな川となり、ポリエチレン製のカヌー以外は大破間違いなし」なんて書かれてますし。あの益田川・中山七里や安曇川でさえ★★、ナラヨシや木曽川・日本ラインなんて★ですから、こりゃかなりのもんだろうと尻込みしてしまってました。

 そんな気持ちに変化があったのは、実際に川代渓谷を目にしてから。
 仕事で福知山に向かう際、同行者との会話そっちのけで福知山線の車窓から眺めた渓谷の景色に感動したのと、その後同じく仕事で氷上に訪問した際にも同行メンバーにお願いして、遠回りして77号線を走ってもらい、川代公園にかかる吊り橋から見える瀬を目にしたのがきっかけですね。
 しかし、経験者が周囲におらず、具体的情報に乏しかったということもあり、今まで下る機会に恵まれませんでした。

 そんな篠山川を今日下ることになったのは、tomoさんからのお誘いがきっかけでした。美山川のときと同様、ネットを中心に情報収集し、事前に川地図を作ってくれていました。水位は谷川観測所でチェックする、現在の水位0.1mは渇水だが何とか下れそう…、というところまで調べてくれ、今回も私の仕事はありませんでした。

 さて当日。舞鶴若狭道丹南篠山ICで集合後、川代ダムを経由して県道77号へ。
 これまでの田園風景が一変して渓谷に変化。おお〜、川が帯みたいに細くなってます。

070512sasayama03.jpg

 いきなりこんな川相に変化するなんて、本当に不思議です。

 さて、今回は川代公園をプットイン、太田ふれあい公園をプットアウトに設定。



powered by 地図Z

 ↑「航空写真」が使えます! 拡大すると瀬や堰堤が見えます。

 川代公園の吊り橋から瀬を眺める。
 以前来たときと異なり、今、下るためにここにいるということに感無量の気分です。

070512sasayama04.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 22:57| Comment(4) | TrackBack(1) | 近畿>篠山川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする