2007年08月04日

37 ナラヨシ支流、珠玉の名川を下る(中奥川1)

水位:約0.30m(中奥) 気温:31℃(五條) 天気:曇り時々雨
区間:中奥の橋〜初王寺橋(2.5km) 所要時間:約4.5h
メンバー:KYOKOさん、tomoさん、AZMAX,後輩1号


 半日かけてヘロヘロになりながら武庫川を下って一週間。
 今週はどこを下ろうかなあ。下ったことのない川を漕ぎたいけど、なかなか見つからないなあ…と考えているうちに台風5号ウサギさん襲来。
 近畿地方では全体的にあまり降らなかったようですが、ナラヨシ、櫛田川など台高山脈付近の河川水位が木曜日午後より軒並み急上昇。

 各河川の水位計をチェックし、よし、高見川に行こう!と決めました。
 するとジャストタイムリーにKYOKOさんからも高見川漕ぎませんか? とのお誘いがあり、ご一緒させてもらうことに。

 さていよいよ当日。大淀町にいったん集合。
 高見川(高見観測所)の水位は木曜日の0.9m台をピークに、今朝時点で0.67mまで低下していましたが、漕いだことがないので現地に行ってみないと分かりません。

 とりあえず見に行こうかなと思っていたら、KYOKOさん、何度か漕いだことがあるので大体予想がつくようで、「水量的にちょっと厳しいかな〜」とのコメント。

 ええ〜!? ダメなの?
 期待していただけに落胆…。

 しかしKYOKOさん、代替案を持ってはりました。
 出てきた名前は、「中奥川」でした。

 中奥川は、台高山脈主稜明神平(1432m)およびその西方に位置する薊岳(1406m)付近に源を発し、奈良県吉野郡川上村を南西に流れ、白川渡地区で奈良吉野川右岸に注ぐ一次支川です。


 とってもマイナーな川には違いないですが、最近ちょくちょく耳にするようにはなっており、SWIMDOGさんのブログ「水遊び大好き!」にも紹介されています(こちら)。

 相手にとって不足はなし、というかオーバー気味ですが、一路現地へ。
 ナラヨシ本流は大迫ダムの濁りで濁流となっていますが、中奥川の透明度は抜群。しかし先週の武庫川とは雲泥の差ですね…。

070804nakaoku002.jpg

 ダウンリバー区間は短く、3km弱とのこと。



powered by 地図Z


 「中奥川下り終わったら二本目は北山川行きましょうよ」
 「いや、中奥川を二本下りましょう!」

 距離が短いのでいろんな意見が出ましたが(ほとんどtomoさんですが…)、とんでもない。見通しがかなり甘かったということに後でイヤでも思い知らされることになります…。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 01:45| Comment(6) | TrackBack(1) | 近畿>中奥川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする