2007年09月08日

44 第11回天竜川WWF/ダウンリバー(天竜川1)

水位:-0.43m(市田) -3.38m(時又) 3.77m(天竜峡) 気温:30℃(飯田)
天気:晴れ 区間:台城橋〜かわらんBAY(19.2km)
メンバー:会長夫妻、tomoさん、AZMAX,後輩1号、女優R,野人


 次第に夕暮れが早くなり、虫の音が濃くなってきた9月。9月といえば、いよいよ北山、天竜、長良の大会シーズンです!

 通常第一日曜日に開催される北山川ラフティング大会が第三日曜日に変更になったため、今年第一弾は天竜川ホワイトウォーターフェスティバル(TWWF)になります。
 この大会、とにかく漕ぐ距離が長い! とくに去年は第10回記念という名目で20kmというハーフマラソンばりの距離を漕がされました。

 ほとんど経験のない距離でありコースです。ペース配分にルート選択、遊船回避に神経をすり減らし、腰痛再発するわ、相方の会長に至っては足が攣って土嚢と化すわで心身共にボロボロにされました。
 これっきりで勘弁してくれという願いも空しく、第11回も20kmコースでした。合掌。

 TWWF参加は今年で4回目、長良川カヤッククラブことNKC会長とのコンビ「シャレコウベ」で漕ぐのは3回目です。
 ちなみに過去の戦績は以下の通り。

 ■第8回…優勝(3チーム) →サファリで出場
 ■第9回…準優勝(11チーム) →途中エア漏れ…
 ■第10回…優勝(10チーム) →足が攣る!

 続く北山、長良川WWFでは諸般の事情でNKC会長とは出場できません。「シャレコウベ」としては、今年はこのTWWFが最初で最後の大会となります。もちろん狙うは連覇ですが、共に三十路を迎えた今年の大会、不安要素もいくつかあります。

 まず、二人とも体重が増加したこと。もちろんムダな肉です。年齢のせいか、なかなか減ってくれません。当然ながら体重が増加しただけフネが重くなるので、距離が長いほどに不利になります。

 もう一つはチームとしての練習不足です。今年、たぶん一回も一緒に乗ってないんじゃないかなあ。最後に一緒に漕いだのがこのTWWFだとすると、かなりブランクがあります。息が合わないとペースが狂い、配分が掴みづらくなります。

 大会前の一週間、そんなふうに考えながら過ごしていましたが、そんなことがどうでもよくなるくらいのイベントが俄にやってきました。

 台風9号、フィートウの襲来です。

 7日(金)未明の増水ぶりは凄まじかったです。6日12時から7日12時の水位変化は以下の通りでした。

 ・市田観測所  -0.53m → 0.17m
 ・時又観測所  -4.12m → -1.49m
 ・天竜峡観測所  2.59m → 7.14m

 天竜峡の4m以上の増水ぶりを目にすると、さすがに中止かなあと考えたのですが、先に現地入りしていたUNKO-MAN情報によると決行の予定とのこと。
 ええ〜、やるの? と当惑しながらも21時45分頃、尼崎出発。中央道恵那山トンネル付近でtomoさんらに出会い、現地に到着したのは25時45分頃。
 起床は6時。短時間な上、何度も目覚めてしまい、よく眠れず、ベストコンディションとは言えませんが、社会人はみんな損たり寄ったりなんで文句言ってもしょうがないですよね。

  諏訪湖に源を発し、約213qを駆け下り、遥か遠州灘に注ぎ込む天竜川。一晩で随分と水は引いたようですが、それでも暴れ天竜という異名を誇示せんがごとく不気味な轟音を立ててうねっています。

続きを読む

【中部>天竜川の最新記事】
ニックネーム ラナ父 at 21:55| Comment(5) | TrackBack(1) | 中部>天竜川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

43 スーパーセビラー(奈良吉野川15)

水位:1.02m(五條) 気温:31℃(五條) 天気:晴れ
区間:梁瀬橋〜天理教(5.3km) メンバー:tomoさん、後輩1号


 夏休みも本日で最後の日を迎えました。
 9月は大会シーズンです。
 来週はいよいよ天竜川ホワイトウォーターフェスティバル(TWWF)を迎えます。ちなみにこの大会、20kmというとんでもない距離を漕がされます。
 今日のナラヨシは、@天竜川WWFに向けたスタミナ強化を中心とする練習と、A今週必死こいて修理したパドルの強度テストが主な目的となります。

 …と書くと、甚だストイックに聞こえますが、はたして実態はといえば、ポンプで空気を注入したそばからエア洩れしてベコベコな伝説のフネ「スーパーセビラー」で下ったり…。

070829narayoshi06.jpg

 「ナラヨシ飽きた」とか言って寝そべってダラダラ下ったり…。

070829narayoshi14.jpg

070829narayoshi17.jpg

 沈して流されたり…、と超テキトーなダウンリバーでした。こんなんでホントに20kmの長距離漕げるんでしょうか。甚だ心配です。

070829narayoshi19.jpg

 余談ですが、ナラヨシはその一見穏やかに見える川相とは裏腹に、先週のように突然パドルを折ったり、実は結構手厳しい川だったりします。
 今日はちょっとだけ歯の浮くようなことを口走った瞬間、思いっきり沈させられました。

070829narayoshi32.jpg

 あと、修理したてのパドルですが、ほんの少し割れ目が浮き出てきたのが気になるところではありますが、フルパワーで漕いでも何ともなく、どうやら大会は大丈夫そうです。

 ところで、さらっと流しましたが、tomoさんの「スーパーセビラー」、実は結構思い出深いフネです。

 tomoさんに初めてメールをいただいたのは確か去年の6月ごろだったと思います。そのときにブログ「カヌーイストなラガーマン」の存在を知ったのですが、@むちゃくちゃやなあ(明恵峡でクルマのカギ流したり、真冬の手取川を一人で下ったり…)というのと、A斬新やなあ、という印象でした。

 このAというのが、タンデム艇をぶった切ってソロ艇「スーパーセビラー」へと改造するというプロジェクトだったのです(詳細はこちら)。

 そして初めて一緒に下った保津川(こちら)でtomoさんが乗ってはったのもこの「スーパーセビラー」でした。

 いつの間にかへっぽこなフネに成り下がってしまいましたが、再び陽の目を浴びることを待っています(捨てないでね!)。

 帰りにはtomoさんに廿世紀梨をいただきました。もう梨のシーズンなんですね。この時期になるとナラヨシ沿いにたくさん梨の直売店が登場するんですが、秋の到来を感じさせる光景です。
 何はともあれ、どうもありがとうございました。

070829narayoshi23.jpg

ニックネーム ラナ父 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 近畿>奈良吉野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

【番外編】パドル修理

 26日に3本目のパドルを折ってしまい、残り1本となってしまったため、このままでは漕ぐことができなくなってしまいました。
 しかし9月から天竜川WWF,北山川ラフティング大会、長良川WWFと三大会が控えており、自分に合う新しいパドルを探す→注文→使いこなす、ための時間的余裕はありませんし、金銭的にもきつそうです。

 ということで、折れたパドルを直すほうが得策と考えましたが、ショップに依頼するとなると、QCD(品質/コスト/納期)のうちQは問題なさそうですが、C,Dはやはりそれなりにかかりそうなので、それなら自分でやってしまおうかと思った次第です。ダッキーのメンテはほぼ自分でやってますから、パドルもなんとかなるかなあと軽い気持ちで考えたんですけどね。

 ということで、ホームセンターで材料を調達してきました。

070828paddle02.jpg

 ・FRP補修用接着剤(エポキシ樹脂+ガラスクロス) →NKC会長お奨め
 ・布ヤスリ →エポキシ樹脂接着強化のため
 ・木の棒(直径20mm,25mm) →シャフトに接ぎ木として使用するため
 ・カンナ →接ぎ木が太すぎた場合削るため
 ・のこぎり →接ぎ木が長すぎた場合切断するため
 ・エポキシパテ →接ぎ木が細すぎた場合隙間を埋めるため

 @修理一本目は中奥川で折った分です。
 まずは、接ぎ木をシャフトに挿し込んでみました。25mmのほうがぴったり合います。木の材質は、チークと桂の二種類がありましたが、後者のほうが強度が高そうと判断しました(チークは軽くて柔らかい)。

070828paddle03.jpg

 A空いている隙間はパテではなく布テープを巻きつけることで対応しました(結局パテは最後まで使いませんでした)。

070828paddle06.jpg

 Bうまく繋がりました。これで「折れ」への耐久性は問題なさそうですが、「ねじれ」にはまだまだ弱そう。

070828paddle07.jpg

 Cねじれへの対応のため、エポキシを塗りたくったガラスクロスを巻きつけました。これで一日乾燥させて様子見です。

070828paddle08.jpg

 D二本目は26日にナラヨシで折れた分。正確には折れたのではなく、割れただけであり、このままでは接ぎ木を挿入することができません。このままガラスクロスを巻きつけるよりは、接ぎ木を入れたほうが強度面で安心かなあと判断し、思い切ってのこぎりで切断しました。

070828paddle09.jpg

 Eガラスクロスにエポキシを塗りたくり、一本目と同様に折れた箇所に巻きつけます。

070828paddle11.jpg

 F完成。ついでに昔割ってそのまま放置していたスプーンパドルも修理しました。

070828paddle12.jpg

 さて、ちゃんと直ってくれているのかどうか…。
 次回実証実験ですが、不安でもあり、楽しみでもあります。

ニックネーム ラナ父 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

42 パドル三本目奉納…(奈良吉野川14)

水位:1.06m(五條) 気温:31℃(五條) 天気:快晴
区間:梁瀬橋〜天理教(5.3km) メンバー:AZMAX,後輩1号


 アズマックス。
 若干、KYなところもありますが、一緒に下ると周囲をしてとても楽しいと思わしめる大きな魅力を持っています。

 私はコミュニケーションが得意でなく、かつ知識がオスマン帝国、わんこ、カヌーに極端に偏っているためか会話が盛り上がることは少ないんですが、彼はその場にいるだけで周囲を笑わせるという素晴らしい素質を持っています。

 この点は王子にも共通しているんですが、言動、姿勢など雰囲気に陰鬱さが微塵もありません。陽のオーラが包んでます。

 先週の小歩危でも常に話題を提供してくれまして、おかげで我々の乗るラフトボートは大いに盛り上がりました。

 大歩危にて。
 「うわ! 足が腫れてる!」
 ウェットスーツの上からでも分かるくらいに腫れ上がっています。
 後輩1号「どうしたん? これー?」
 「虫に刺されたんかな。うわ、どうしよ?」
 ちなみにマックスは探検部出身なのに大の虫嫌いです(でも虫からは好かれています)。

 後輩1号「痛いん?」
 「何かすごいピリピリするねん」
 とてつもなく不安げな彼。
 しかし、擦っているわりにはあまり感覚がなさそうです。

 ヒロ姉「なあ、何か湿布とか貼ってなかった?」
 「…あ!」
 その通り。背中に貼っていた湿布がはがれ、川の水を吸って膨らんでいただけでした。
 …そら、ピリピリするかもしれんけどさ。

 次は小歩危は森囲いの瀬を過ぎたところで。
 「鼓膜が破れた!」
 一同「は?」
 「耳がおかしいねん! 何か繋がってる感じがすんねん」
 本人曰く、鉄橋の瀬と森囲いの瀬の衝撃で鼓膜が破れたということらしい。
 「それって、耳に水が入っているだけちゃうの…?」

 アズマックス。
 若干、KYなところもありますが、一緒に下ると周囲をしてとても楽しいと思わしめる大きな魅力を持っています。

 そんな笑いの絶えないダウンリバーの最中、アクシデントは突然起こりました。
 S字の瀬でサーフィンしていたらブレイス失敗して沈。

 あいたたた!

 渇水でめちゃめちゃ浅いので、川底を転がりながら流されます。腰を強打し、思わず途中でパドルを放してしまいました。

 瀞場まで流され、パドルを回収すると、何か感触がおかしい。
 ひょっとして、また折れた…?
 そのひょっとして、でした。

070826narayoshi04.jpg

 折れてはいませんが、3/4ほどが割れてしまい、グニャグニャしてます。
 とりあえずの応急処置として、フリップラインを巻きつけて固定し、だましだまし下りました。

070826narayoshi06.jpg

 阿太橋上の瀬。渇水ではダッキーで遊べるのはここくらいです。

070826narayoshi09.jpg

070826narayoshi11.jpg

 後輩1号さんからパドル借りて少しだけ遊びましたが、折るのが怖くてあまり踏み込めませんでした。

070826narayoshi14.jpg

 さて、パドルを折るの、今年で3本目となってしまいました。

 5/5 ナラヨシ 阿太橋上の瀬でサーフィン中に折る
 8/4 中奥川  ダウンリバー中に岩に衝突して折れる
 8/26 ナラヨシ S字の瀬でサーフィン中に割る

 シャフトの経年劣化もあると思いますが、ちょっと異常です。厄年なんですかね。ちなみにすべて紀ノ川水系です。

 これで所有パドルは残り1本となってしまいました。

 しかし9月は大会シーズン。このままでは漕ぐことができないので大ピンチです。新しいのを買うか、修理依頼するか、自力修理するか…。いずれにせよ、至急実行する必要があります。


ニックネーム ラナ父 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>奈良吉野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

【番外編】平成18年河川ランキング

 さる21日、国交省河川局より一級河川の平均水質ランキングの発表がありました。

 ■参考:「平成18年全国一級河川の水質現況の公表」
 
 栄えある日本一の座に輝いたのは、以下の9河川です。

 北海道/ 尻別川(尻別川水系)・北海道 *三年連続
 北海道/ 後志利別川(後志利別川水系)・北海道 *二年連続
 北海道/ 鵡川(鵡川水系)・北海道 *二年連続
 北海道/ 沙流川(沙流川水系)・北海道 *三年連続
 北陸 / 黒部川(黒部川水系)・富山
 中部 / 安倍川(安倍川水系)・静岡
 中部 / 宮川(宮川水系)・三重
 中国 / 高津川(高津川水系)・島根
 九州 / 川辺川(球磨川水系)・熊本 *今回から調査対象

 *いずれもBOD値(水質汚濁を示す代表的な指標)0.5

 いっぽう166位となった、すなわち水質ワースト1の河川はやっぱり大和川(BOD4.7)でした。不名誉な結果ですが、水質の改善は随分と進んでいるようです。
 ちなみに地元の猪名川(BOD3.4)も5位にランクインです。

 よく漕いでいる川、最近下った川は以下のような順位でした。

 中部/天竜川(1.4) 135位↓
 中部/木曾川(0.6) 12位↑
 中部/長良川(0.8) 53位↓
 中部/櫛田川(0.7) 39位↓
 近畿/熊野川(0.9) 92位↓
 近畿/紀の川(1.1) 113位↓
 近畿/淀 川(1.3) 129位↓ 
 近畿/木津川(1.2) 123位↑ *大幅改善
 近畿/桂 川(1.0) 101位↓
 近畿/由良川(0.6) 24位↓
 四国/四万十川(0.8)64位↑
 四国/仁淀川(0.6) 12位↑
 四国/吉野川(0.7) 43位↑
 九州/大野川(0.8) 64位↓

 *( )内はBOD平均値

 あれ? っと違和感を感じたのは、木曾川(12位)と長良川(53位)。逆なら理解できるのですが。
 普段下っているナガラ(郡上市)は自ら飛び込んで泳ぎたいと思えるほどに清冽なのときが多いのに対して、木曾川(日本ライン/可児市・犬山市)は濁っているし臭いので。

 どこで調査したんだろう? 調査地点を調べると以下の地図のようになりました。


拡大地図を表示

 分かったことは以下の通り。
 ・両河川とも、調査地点は中下流域に集中している
 ・木曾川は中上流域にも二箇所調査地点がある(味噌川ダム、丸山ダム)
  →ただしダム貯水池は原則として調査地点に含まれない
 ・長良川は最下流域で一気に水質が悪化している(BOD値1.2)

 そう、長良川にはあの河口堰が存在していたのでした。これで順位が低いのが何となく納得できたような気がします。

 普段私が下っている地域に一番近いのは長良川だと藍川橋(BOD値0.5)で、これはランキング1位と同じ数値ですね。ただ、木曾川日本ラインも意外と水質が良いという結果が出ており(犬山橋 BOD値0.6)、疑問は残りました。
 BOD(生物化学的酸素要求量)とは、「溶存酸素存在のもとで水中の有機物を栄養源として好気性微生物が増殖・呼吸するときに消費される酸素量で、20℃ 5日間で消費される溶存酸素量(mg/l)を標準とする」と定義されていますが、透視度や臭いとは直接関係がないということでしょうか。

 ところで、ランキングは各調査地点の結果の平均値で行われていますが、これって調査地点の数と位置によって実際の姿と随分ギャップが生じるのではないかと思います。

 たとえば櫛田川(39位)と宮川(1位)。
 どちらも二点ずつ、似たような場所(下流域)に調査地点が設けられていますが、上中流部に複数調査地点が増えればどうでしょう。普段漕いでいる櫛田川の中流部はかなりキレイなので、おそらくランキングは上がると思います。
 そして宮川は中流部(大台町)に三瀬谷ダムがあり、ダム直下は結構濁っていますが、川の自浄作用と一之瀬川など清冽な支流を合わせることなどにより、下流に行くほど透明度が上がる川です。すなわち、ダム前後に調査地点があれば、ひょっとしたら全国一位の座は危うくなるかもしれません。

 つまり、以下のような疑問を感じるわけです。
・各調査地点の平均水質とは、その河川全体の水質を的確に表しているといえるのか
・各河川を平等に比較できているといえるのか。たとえば調査地点の数と位置に関して何がしか統一的な基準が存在するのか

 各河川の調査地点の数と位置に関する基準に関する記載はとくに見当たらなかったので不明ですが、もし基準が存在しないとすれば、極端な場合、流域ほとんどが汚くても、一部のキレイなところのみ調査地点が設置されている川はランク上位に位置し、流域ほとんどがキレイでも、一部の汚染されているところに調査地点が集中していればランク下位になるという可能性もありえます。

 もしこのような事象が存在するとしたら、このランキングってあくまで参考程度に捉えておくほうがよいのかもしれませんね。

ニックネーム ラナ父 at 01:35| Comment(5) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする